記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

アトピーのせいで出来ないこと 外に出れない 他人が怖い 半袖着れない etc

2017年06月16日
アトピーのせいで出来ないこと 外に出れない 他人が怖い 半袖着れない etc

アトピーさえなかったら出来たこと

アトピー性皮膚炎の人は、健康体な肉体を持っている人よりも、いろんなことが出来ません。出来ない、というより出来なくなるんです。無理やりやろうと思えば出来ることも多いかもしれません。でも、心が出来なくなってしまうんです。アトピーは皮膚をも犯し、更に心をも犯してしまう最低最悪な病。

アトピーは見た目が悪くなる病

病気は病気でも、見た目が健常者と変わらない病気のほうがアトピー患者からしたら羨ましいと思います。見た目さえ健常者と変わらなければ、日常生活を送っていけるし、他人からの目線も気にならないかもしれない。アトピーは「見た目」に出る病です。

人は他人と接していく社会的動物です。それなのに、ひどくなればひどくなるほど見た目に出てしまうアトピーという病気は、人を人として殺すようなものです。社会的に生きていく世の中で、生きてはいけないと言われているようなものです。

人としての尊厳や自分自身への自己評価、他人からの評価、全てをアトピーのせいで失います。それがどれだけ辛く、苦しいか、健常者の人には計り知れないし一生分かることもないでしょう。

アトピーのせいで出来なかったこと、出来ないこと、山のようにありますよね。症状の差は違えど、「自分はアトピーなんだ」という感情が邪魔して、それが精神を蝕んで出来ないこと、そのせいで人生の歯車が狂ってしまったこと、アトピーの人なら誰しもわかると思います。

アトピーのせいで出来なかったこと

例えば、

簡単なものから言うと、

アトピーのせいで半袖が着れなかったり

アトピーは見た目に出る。身体のどこの部分に出るのかは症状によります。

ひどい人であれば、アトピーが慢性化しているので、手、足、胸、背中、顔、頭、全身に出ていると思います。

それを隠したいのが当たり前です。できるだけアトピーの部分を他人には見られたくない。だからアトピーの人は冬が好きです。そもそも、夏は汗をかく。汗はアトピーを悪化させる要因にもなっています。なので、冬が大好きなんですね。冬は色んな服が着れる、露出度も高くない、そのぶんアトピーを隠せます。

しかし、夏はどうしても半袖を着なきゃいけないですね。服装が自由な環境なら長袖を着れますが、そうじゃない場合、半袖を着なきゃいけない。そうした場合、アトピーを他人に見られてしまう。

プールにも入れないし、海にも入れません。アトピーの症状がひどい場合、プールに入っただけで滲みてしまって痛い。海も同じです。それに水着なんて着れたものじゃありません。無人島にでも行けば着れますが、やっぱり他人に見られてしまうからです。

まぁアトピーさえなければ夏も大好きという人もいるでしょう。半袖を着たいという人もいるでしょう。アトピーさえなければプールにも海にも入りたい!

それが本音だと思う。

まだ服で隠せる部分がアトピーだったら、なんとか人前には出れます。でも、もし顔にアトピーが出ていた場合、もう外になんて出れたものじゃありません。顔が赤い、顔がガサガサしている。それをマスクで隠すことはなんとかできます。でも、365日、人前でマスクをしているわけにもいきません。一般社会で生きていくにはそんなことまかり通りません。だから顔に出ていたら、それだけで引きこもってしまいます。外にはなるだけ出たくありません。なぜなら他人に見られるからです。

 

他人に見られる恐怖、それが全てのことを出来なくさせる

アトピーのせいで出来ないこと 外に出れない 他人が怖い 半袖着れない etc

アトピーは見た目に出る病気です。アトピーのせいで出来なくなること、出来なかったことは全て、「他人からの目線」「他人に見られる恐怖」、で決まってしまいます。

他人に、他人じゃなくても家族にすら見られるのが怖い・・・

それが全ての原因です。

アトピーじゃない人は・・・「そんなことは気にしてないよ」「大丈夫だよ」

と言うかもしれません。でもそれは他人事。

そう言われたとしてもアトピーの人の中にある「他人に見られる恐怖」は消すことができません。

アトピーの人は、他人と接していくことができません。他人と上手く付き合うことができません。全てはアトピーを見られる恐怖がそうさせています。

だから、アトピーの人は自己評価がものすごく低いです。

「私なんかどうせ・・・」「俺なんか何をしたって・・・」

と思ってしまいます。

 

アトピーの人はちゃんとした自己評価が確立されない

それは全てアトピーのせいです。健常者と同じ肌であればその自己評価も健常者と同じように確立されたはずです。でも他人に見られることの怖さから、自己評価がもの凄く低くなってしまっている。誰しもコンプレックスは持っているはずだし、それによって自己評価が低くなることはあるでしょう。でも、アトピーの場合はその影響がもの凄く大きく強いのです。

ですが自己評価が低いままだと自分という人間と付き合えないですし、自分とともに生きてはいけません。

それに伴いどうにかして自分を保つために、

「私は本当はできる!」「俺は天才かもしれないんだ」

と言いかせて自己評価を自分で高めてしまっている人もいます。でも、その自己評価は本当は嘘なんです、偽りの高さです。 気づいてください。

自己評価というものは、他人と接していくことで初めて確立されるものです。内に篭って確立されるものじゃありません。他人と接していき、自分という存在を認められ、自分を認め、自分自身の趣味趣向が分かったり、自分を好きになってくれる人、自分を嫌いになる人、いろんなことを分かっていきます。

でも、アトピーの人はそれができないんです!

他人と接することがとても怖いからです。肌を見せられないからです。他人と対面して、話すことや目を合わせて話すこと、それが中々できません。他人に自分の最大のコンプレックスを見られている恐怖が常につきまとっているから、自分自身を出せないし、さらけ出すこともできません。

もしも他人と接する場合、なんとかして自分を好きになってもらおうとするか、他人に嫌われまいと全ての人に合わせようとします。無意識のうちに「いい人」を演じてしまっているんじゃないでしょうか。「自分の話」、他人にしてますか?他人に合わせる人は「聞き役」になってしまいがちです。なぜなら自分を出すのが怖いからです。

それは・・・本当に自分ではありません。自己評価が確立されている人は自分の好きな人、嫌いな人をはっきりと区別できる。好きなもの、嫌いなものをはっきりと他人の前で言えるはずです。全ての人に合わせようとするのは他人に嫌われてしまうかもしれないという恐怖から来ています。

ですが・・・アトピーがあるから他人とそう接するしかできないんです。

自分と他人の境界線。

他人と上手く接することができないため、ちゃんとした自己評価が大人になっても確立されない。他人の気持ちを汲み取れないほど自己愛が強くなってしまうか・・・自己や他人を傷つけてしまうほど、自己評価が低くなってしまう。

人は社会的動物です。アトピーは人を人であることを殺します。

アトピーは生易しい病気じゃないんです。

肌をも傷つけるし、それ以上に心をも殺めてしまう。

アトピーじゃない人には・・・それは表面的にしかわからないと思います。

 

それでも・・・生きていこう

アトピーの人は・・・と言いました。でも、自己評価がちゃんと確立されている人なんて、実際問題この世の中にどれだけいるのか。

アトピーじゃなくても、色んな病で苦しんでいる人は沢山います。病じゃなくても、色んな問題を抱えて生きている人は沢山います。それによって他人と接することが出来なくなり、自己評価が確立されなかったりする場合だって多々あります。

他人と接するのが怖い・・・自己評価が確立されていない。アトピーの人だからってというわけじゃないんです。そんな人は・・・複雑化した今の社会にはいくらでもいるんです。人は環境や周りの人間によっていくらでも変わるんです。あんなに皆から愛されて友達も多かった人が・・・別人のように病んでしまうことだってあるでしょう。

だからね。別にアトピーだからって精神を病んでしまったり、心が荒れてしまったりすることは普通のことなんですよ。まずはそのことを認めてあげてほしいと思います。

 

他人と接しなくたっていい、怖かったら無理しないで

他人と接することによって自己評価が確立されていくと言いましたが、そんなもの、別になくたっていいんですよ。ここまで言っておいてなんですが、なくたって生きていける時代なんです。

他人と接するのがもの凄く怖いのに、無理して他人と接しても心が更に病んでしまうだけです。

好きなことをやればいいと思います。

価値観が多様化した現代、色んな生き方をしている人が沢山います。あなたの日常の周りだけが世界じゃないんです。

外に出なくたって、他人の顔が見えなくたって誰かと繋がれる時代です。

日常では他人と一切会話をせずに生きていくことを選んだ人だっているでしょう。そういう人は自分がそう生きていくべきだと自分を認めてあげた人です。

選択肢はひとつじゃないんです。その人その人だけの生き方がある。それを選んでいいんです。固定概念、古い価値観に合わせなくていいんです。アトピーで苦しかったら、外に出ないで生きる選択肢を選べばいい。そしたらそう生きていくための術を身に着けていけばいいんです。

私は他人と接していくのが怖い、他人とは接することができない。だからダメな人間だ。自己評価も低い。社会で生きてはいけない。

そう思う時間も大事です。

ですが、そのまま時を止めないでください。

きっと・・・あなたにしか出来ない何かがあるはずです。アトピーで苦しんだぶんだけ、苦しんだ時間だけ、失くなったもの、出来なかったことも星の数ほどあると思います。でも、そのぶんだけ他の人にはわからないもの、他の人は得られなかったものを得ているはずです。きっと魅力的なものを得ているはずです。それに気づいていないだけ・・・まだ認められていないだけです。それを持ち得ているのはあなただけです。だから、もしもその部分を伸ばしていったら、多くの他人よりも魅力的な人間になれるかもしれません。

他人と比較するのはもう止めましょう。あなたはあなたです。他人より優れているところが沢山あるはず・・・

だから決して、自分自身を捨てないでください。

最終的に自分を認めてあげて許せるのは自分だけです。

アトピーだから他人が怖い。だからって生きていけない理由なんてどこにもありません。世界は広い、もっと視野を広げてみてください。

きっと、何かが動きだすはずです。

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら