記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

【敏感肌】肌に優しいおすすめシャンプー 薄毛、アトピーやニキビ肌にも

2017年08月24日
肌に優しいおすすめシャンプー 薄毛、アトピーやニキビ肌にも

敏感肌の人へ向けた低刺激シャンプー

頭皮で悩んでいる人にとって最重要課題なのが「シャンプー選び」です。
頭皮の悩みはそれぞれですよね。

「フケがよく出る」「痒みがある」「アトピー肌だ」「頭皮ニキビができる」「ハゲで悩んでいる」

などなど、人それぞれで頭皮の悩みは違います。ですがこれら頭皮の悩みは違っても使わなきゃいけないシャンプーには「共通点」があります。それは「低刺激」だということ。 今の時代には肌の弱い人へ向けたシャンプーが数多く販売されています。その中でもコレこそ肌に優しいシャンプーだというものをご紹介しましょう。

洗浄力の強いシャンプーは避けましょう

シャンプーは頭皮を、髪の毛を綺麗にするために健やかにするために存在しています。シャンプーには様々な種類がありますが、その中でも洗浄力の強いシャンプーは頭皮の弱い人は当たり前ですが避けたほうがいいです。

洗浄力の強いシャンプーを使った結果、乾燥、皮脂の分泌が過剰になったりして頭皮の炎症に繋がったり、頭皮ニキビができてしまったりしかねません。

乾燥や皮脂の過剰分泌が頭皮の肌荒れを起こしている

どんな肌でも「乾燥」は肌荒れを起こします。乾燥は肌から水分が失われた状態です。つまり保湿が足りていません。頭皮に乾燥が続くとどうなるのでしょうか?

乾燥している頭皮は外敵から守るためのバリアがありません。例えば「皮脂」です。皮脂は肌の常在菌であり、肌を守るための役割も果たしています。乾燥肌には皮脂が足りていません。そのため、例えばフケが大量発生したり、アトピーの原因である黄色ブドウ球菌が増殖したり、ニキビの原因であるアクネ菌、マラセチア菌が増殖することに繋がっています。

乾燥肌になると皮脂が過剰分泌する?

頭皮が乾燥してしまうと頭皮は自分の肌を守るために、バリア機能を果たしてくれる皮脂を一気に分泌してしまいます。一度に多量な皮脂を分泌してしまうため、皮脂が毛穴につまり頭皮ニキビを作らせてしまう原因になります。更に乾燥は、毛穴を細くしてしてしまいます。少しの皮脂でも毛穴がつまってしまうのです。頭皮の毛穴を守ることはハゲ、薄毛を防ぐことにもなります。

頭皮のトラブルにとって「乾燥」と「皮脂の分泌」は大きな要因なのです。

洗浄力の強いシャンプーって?

洗浄力の強いシャンプーって?

洗浄力の強いシャンプーとはどんなものでしょうか。

それは配合成分で見極めることができます。

・ラウリル硫酸Na
・ラウリル硫酸Na〇〇系
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス硫酸Na〇〇系アミノ酸系
・スルホン酸Na

などが含まれているシャンプーは洗浄力の強いシャンプーになります。

これらのシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれています。

ラウリル、ラウレス、スルホン、これらはアルコール界面活性剤といい、泡立ちや洗浄力が強く刺激があります。例えば界面活性剤は良い化粧水や美容液には配合されていません。界面活性剤が配合されていないオイルフリーなシャンプーを選びましょう。

無添加、ノンシリコン、アミノ酸系、薬用

無添加、ノンシリコン、アミノ酸系、薬用シャンプー

この4つがおすすめな理由はなんと言っても、低刺激だからほかありません。

「無添加シャンプー」は名前の通り、界面活性剤やパラベン、シリコンなどの添加物が含まれていないオイルフリーなシャンプーになります。

「ノンシリコン」は近年になり人気が出たシャンプーですね。ノンシリコンとは名前の通り、シリコンが含まれていないシャンプーのことです。シリコンは洗い方によっては頭皮に残ってしまいます。それが頭皮トラブルになりかねません。頭皮が弱い人にとってシリコンは界面活性剤などと同様に大敵なのでノンシリコンシャンプーを選びましょう。

「アミノ酸系」は皮脂を落としすぎない、洗浄力がそこまでないシャンプーです。なので乾燥肌の人におすすめのシャンプーになります。アミノ酸系は刺激が弱いため、髪を守るための「キューティクル」を剥がれることを防ぎます。

フケが多くて痒みを伴っている人は「薬用」シャンプーがおすすめです。薬用シャンプーには痒みによって引き起こされた炎症を抑えるグリチルリチン酸や、炎症によって増殖したマラセチア菌や黄色ブドウ球菌などを殺してくれるサリチル酸などが含まれています。フケが多く出る人、痒みがある人、アトピー性皮膚炎の人にもオススメです。アトピーの人はできるだけ低刺激なシャンプーを使うべきなので、ミノンの「薬用ケアシャンプー」などがオススメです。

もしも頭皮がいつも「ベタベタ」している。という皮脂量の多い人は「石鹸系シャンプー」もおすすめです。石鹸系シャンプーは自然成分が配合されており肌に優しい他、無添加シャンプーなどより洗浄力が高いのが特徴です。頭皮がすぐベタつく、ベタベタしている、頭皮の皮脂量が多すぎる人は石鹸系シャンプーが向いています

ではここから1つずつおすすめのシャンプーを見ていきましょう。

 

無添加ゼロシャンプー
「haru 黒髪スカルプ・プロ」

無添加シャンプー「haru 黒髪スカルプ・プロ」

無添加シャンプーを使うべき人は頭皮の弱い人、敏感肌の人、すぐに頭皮が荒れてしまったりする人です。アトピー性皮膚炎の人も無添加シャンプーを使うといいでしょう。

「haru 黒髪スカルプ・プロ」は無添加、アミノ酸系、ノンシリコンと3つが揃ったシャンプーになります。

こんな人にオススメ

■頭皮がベタベタしている
■キレイな黒髪を維持させたい
■コンディショナーを使うのがめんどくさい

haru 黒髪スカルプ・プロの魅力について解説します

このシャンプーの凄さはなんと言っても「ゼロ」なところです。シリコン、合成ポリマーなどの合成成分はゼロです。シリコンシャンプーでもシリコンは入っていなくても、合成ポリマーは入っているという場合もあります。ですがharuのシャンプーは入っていません。

更に、なんとコンディショナーやトリートメントは使わなくていいのです。haruの黒髪スカルプ・プロ1本のみで事足りることが何と言っても魅力的です。なぜコンディショナー等がいらないのかと言えば、22種類もの美容成分が配合されているからです。髪のうるおいは「女性ホルモン(エストロゲン)」によって与えられます。それに着目し、女性ホルモンの分泌を促す「リンゴ果実」「ハイブリッドローズ」といった美容成分が配合されています。

日本人の黒髪 に合ったミネラル成分を配合。黒髪を作るためのメラニン、メラノサイトに着目してヘマチンを配合。だからこそ名前に「黒髪」と付いているのです。

haru 黒髪スカルプ・プロは広告費をほとんど使っていません。だからこそ高性能であり、他にない美容成分を配合できるのです。市販のシャンプーは広告費に莫大な投資をするため、成分にそこまで追求することができません。こうしたことが市販のシャンプーとは違うのです。

購入者にはリフレッシュシャンプーブラシも付いてきます。無添加であり、ノンシリコンであり、更に美容成分が数多く配合されている「haru 黒髪スカルプ・プロ」をぜひお試しください。

 

アミノ酸系シャンプー
「チャップアップ」

アミノ酸系シャンプー「チャップアップ」

男性であれば頭皮の油やハゲに悩んでいる人は多いですよね。そんな人のための救世主が「チャップアップ」であります。薄毛だけではなく、普段から頭皮が弱い人へも効き目があるので男性の皆さんはぜひ試してみるべきシャンプーです。

こんな人にオススメ

■最近抜け毛が気になる
■フケが多い、頭皮が痒い
■敏感肌で刺激の強いスカルプシャンプーは使えない

チャップアップの魅力について解説します

シャンプーの目的は余計に溜まった皮脂や汚れを落とすことです。これらが溜まってしまうとフケが出たり、臭いが出たり、痒み、頭皮ニキビ、薄毛、髪が育たない、様々な要因を引き起こします。つまるところ皮脂や汚れをちゃんと取り除くことができればそれらの頭皮トラブルは起きないわけです。

そこに着目したのチャップアップシャンプーです。

普通のアミノ酸系シャンプーだと、石油系、アルコール系の洗浄成分が入っていることもあるんです。ですがチャップアップは完全なるアミノ酸系なので頭皮の保湿因子を破壊しません。もしも洗浄成分で保湿因子が破壊されてしまうと、乾燥肌になってしまうため頭皮バリアがなくなります。

チャップアップはアミノ酸系だけではなく、ノンシリコンです。ノンシリコンは頭皮への負担を極力減らしたい人が使うべきシャンプーです。更に無添加でもあります。界面活性剤、パラベン、合成着色料、鉱物油など一切使っていません。

アミノ酸系、ノンシリコン、無添加という3段構えのシャンプーというわけです。

もちろん育毛剤としても活躍できます。髪の成長に必要な「センブリエキス」が配合されています。センブリエキスは毛母細胞の活性化をサポートする役割があります。更に頭皮トラブルによって起きた炎症を抑え込むグリチルリチン酸や、血行促進、頭皮のかゆみを抑えるジフェンヒドラミンHCが配合されています。

更に!頭皮がいつもベタベタする人に向けて、皮脂の過剰分泌を抑え込む「大豆エキス」「どくだみエキス」などを配合、髪の毛が抜ける最大の原因である「男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)」の抑制を促す「オウゴンエキス」「チョウジエキス」「ヒオウギ抽出エキス」などを配合しています。

これだけ見てみてもチャップアップが以下に優れたシャンプーであるかわかります。他のシャンプーとは一線を画しています。

モンドセレクション金賞受賞 CUシャンプー

 

ノンシリコン アミノ酸系シャンプー
「ハーブガーデン さくらの森」

ノンシリコン アミノ酸系シャンプー「ハーブガーデン さくらの森」

名前で惹かれてしまいませんか?「ハーブガーデン さくらの森」

さくらのような香りがして、美しい森のような太くて潤いのある髪になれたらいいですよね。このシャンプーは名前負けはしていません!

こんな人にオススメ

■敏感肌でどうしようもない人
■いつも頭皮が荒れている人
■髪にうるおいを与えたい人

「ハーブガーデン さくらの森」の魅力ついて解説します

ハーブガーデン さくらの森ももちろん、無添加、ノンシリコン、アミノ酸系です。ではこのシャンプーの魅力は何か?

まずこのシャンプーは「精製水」に拘りを見せています。シャンプーの中身の大半は「水分」です。上質な水分がなければ良いシャンプーとは言えません。熊本県・阿蘇山のふもとにあるハーブ園にて採取されたオーガニックハーブを元に、独自のハーブウォーターを生成。この精製水が土台となっています。

「ボタニカル」ってご存知ですか?今アメリカで主流になっている植物本来の力を利用した美容法のことです。 近年よく「ボタニカルシャンプー」という名の製品を聞くと思います。ハーブガーデン さくらの森にもボタニカルなんです。

ボタニカルの中でも注目すべき成分は「フルボ酸」 。これは約1億年前の海洋深層土から採取された天然成分です。 20種類のアミノ酸、18種類のミネラル、ビタミンや酵素などを多量に含んでいるとんでもない成分です。髪内部にまで成分が浸透し、他の成分と相乗効果を生む結合の力も期待されています。

ハーブガーデン さくらの森の魅力は「ボタニカル」です!!天然の植物のみを使用して髪にうるおいを与える!!自然の力、生命力を使って髪を生まれ変わらせましょう

 

ノンシリコン アミノ酸系シャンプー
「スムース&ガーデン」

ノンシリコン アミノ酸系シャンプー「スムース&ガーデン」

@cosmeランキング第1位獲得!!

女性の髪質、美しさを考えて作られたシャンプーです。コストパフォーマンスはこの「スムース&ガーデン」が1番かもしれません。

こんな人にオススメ

■あまり高額なシャンプーを使えない人
■髪に香りも与えたい人
■敏感肌な人、頭皮が弱い人

「スムース&ガーデン」の魅力について解説します

スムース&ガーデンはノンシリコン、アミノ酸系シャンプーです。ラベンダーやジャスミンなどの天然精油をベースに作られたシャンプーなので香りにも拘りを見せています。頭皮にも優しく、更に良い香りがする髪の毛を維持したいですよね。ラグジュアリーな香りを作ってくれるので、頭皮のケアだけではなく「魅せる髪の毛」をも作りたい人はスムース&ガーデンがオススメです。

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーの違い

上記でもありましたが、アミノ酸シャンプーの中でも界面活性剤などの合成成分が配合されたものもあります。シャンプーの洗浄力を上げるためのアルコール系の成分が配合されているのです。ですが頭皮の弱い人は界面活性剤が配合されたものは使ってはいけません。

もちろん、スムース&ガーデンには石油系、アルコール系の成分は一切配合されていません。石油系界面活性剤、鉱物油、ラウリル硫酸NA、ラウレス硫酸Na、合成香料、DEA、MEA、TEA、シリコン、合成ポリマー、フェノキシエタノール、パラベンといった添加物は一切なし!!!

スムース&ガーデンには頭皮に優しい植物由来成分が多種多様に配合。

ラベンダー油、ジャスミン油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、月見草油、アブラナ、オレンジ可否油などが配合されています。これらが髪にうるおいを与えて、更に香りも与えてくれるのです。

 

薬用シャンプー
ミノン 薬用へアシャンプー

薬用シャンプーミノン 薬用へアシャンプー

歴史あるミノンから販売されている薬用シャンプーです。頭皮の痒みやよくフケが出るという人はミノンの薬用シャンプーをオススメします。なんと言っても安心安全の信頼度がミノンにはあります。これまで肌トラブルと向き合い続けてきたミノンだからこそ!です。

こんな人にオススメ

■フケがいつも出ている人、頭皮が痒い人
■アトピーの人、敏感肌な人
■アレルギー体質の人

ミノン薬用シャンプーの魅力について解説します

ミノン薬用シャンプーの効能は、「ふけ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ、毛髪・頭皮を清浄にする、毛髪・頭皮をすこやかに保つ」というものです。

そもそもなぜフケがでるのか?はご存知でしょうか。フケは頭皮が「乾燥」してしまうことによって出てきます。頭皮にも皮脂という外敵からの攻撃を守ってくれる、バリア機能を果たしてくれる常在菌がいます。この皮脂をシャンプーの洗いすぎによって落としすぎてしまうことによって、頭皮の乾燥は始まるのです。これが続くと肌のターンオーバーが乱れてしまい、フケが出始めるのです。

それを防ぐためには頭皮の保湿が必要ですね。ミノン薬用シャンプーは頭皮ケアにとって1番大事である保湿を限りなく低刺激で行うことができるのです。

ミノンのシャンプーは、アレルギー物質を極力カット低刺激健康な肌と同じ弱酸性の3原則を基本としています。更にミノン薬用シャンプーにはフケの痒みによって引き起こされた炎症を抑え込むためのグリチルリチン酸2Kも配合。植物性アミノ酸系洗浄成分なので、余計な皮脂だけを落とし、バリア機能を果たす皮脂は残してくれます。

 

ノンシリコンシャンプー
資生堂プロフェッショナル フェンテフォルテ

資生堂プロフェッショナル フェンテフォルテ

最大手、資生堂から販売されている頭皮ケアシャンプーです。資生堂さんだから安心して使えますよね。もしも他のメーカーのシャンプーが不安だという人は資生堂のフェンテフォルテをオススメ致します。

こんな人にオススメ

■頭皮がいつもベタベタしている人
■痒みがある人、フケの多い人
■頭皮に不快感を感じている人

資生堂プロフェッショナル フェンテフォルテの魅力について解説します

資生堂の「フェンテフォルテ」シリーズは全国の数多くの美容院でも使われている頭皮のスキンケアシリーズになります。

フェンテフォルテシリーズは、シャンプー、トリートメント、頭皮用美容液、当費用高機能美容液と揃えられており、ベタついた頭皮、フケの多い頭皮、乾燥しがちな頭皮、抜け毛が多い頭皮と、様々な頭皮に対応できるようにできた頭皮ケアシリーズです。

フェンテフォルテシャンプーはフケが多い人に特にオススメです。フケが多い人は頭皮に皮脂が多く、マラセチア菌も繁殖しているため、炎症も起こしています。フェンテフォルテシャンプーはグリチルリチン酸2kが含まれているため、抗炎症作用があります。洗髪後はとてもさっぱりとスッキリした感覚が味わえるので、普段頭皮がベタベタしてフケが多いと悩んでいる人はぜひ、資生堂のプロフェッショナル フェンテフォルテシャンプーをお試しください。

市販では販売しておらず、美容院で使われているシャンプーですが、Amazonで手に入れることができます。

 

ではここからシャンプーの付け方、洗い方について見ていきます。

肌に優しい正しい頭皮の洗い方

肌に優しい正しい頭皮の洗い方

・シャンプーを付け過ぎたりしていませんか?
・熱すぎるお湯で洗っていませんか?
・ゴシゴシと強く洗って頭皮を痛めつけていませんか?
・爪を立てて洗っていませんか?
・何回も洗いすぎていませんか?
・シャンプーの洗い残しはないですか?

これら全てNGです。熱いお湯、強く洗いすぎたり、何回も洗うことは皮脂を取りすぎてしまい乾燥肌になります。爪を立てて洗うことは頭皮に傷を付けてしまいます。そこからマラセチア菌などの菌が繁殖し炎症を起こしてしまいます。頭皮を洗うときは指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。ではここから詳しく髪の洗い方を見ていきます。

その① 髪を洗う前にブラッシングをする

髪を洗った後じゃないの!? と思いきや髪を洗う前にブラッシングするんです。ブラッシングをすることで、髪の絡まりや、目に見えるホコリだったりする汚れを取ることができます。髪をブラッシングすることでシャンプーがよく泡立つことにも繋がります。軽くブラッシングするだけで良いんです。シャンプーをするための準備だと思って下さい。

その② シャンプーを付ける前にぬるま湯で洗う

シャンプーを付ける前に、軽くぬるま湯で洗いましょう。38℃~40℃前後で洗うといいでしょう40℃以上の熱いお湯は皮脂を全て落としてしまいます。頭皮に常在している皮脂を全て落とすと「乾燥肌」になってしまい頭皮トラブルに繋がります。ぬるま湯で最初に洗ってあげるだけでも髪の毛に付いた汚れは落とすことができます。この時に洗うのは「頭皮」ではなく「髪の毛」にしましょう。この次にシャンプーで頭皮を洗うのです。

その③ 頭皮をシャンプーで優しく洗おう

まずはシャンプーを手のひらにとり、その上で泡だてます。間違ってもすぐに髪の毛に付けないでくださいね。泡立ててから付けるんです。

指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗いましょう。頭皮に過剰に分泌した皮脂、菌などを取り除きます。このときに爪を立てたりゴシゴシとこすったりすると頭皮トラブルは悪化します!やさーしく、優しくです。

その④ シャンプーの洗い残しがないか確認!

頭皮にシャンプーの成分が付いたままだと、それ頭皮の炎症やフケを拡大させる原因になります。どこにも洗い残しがないかしっかりと確認しましょう。頭皮だけではなく、背中や胸にシャンプーが付いていないかも確認しましょう。背中や胸へシャンプーが付いたままだとこれも背中や胸のニキビの原因になります。

 

シャンプー後の正しい乾かし方

シャンプー後の正しい乾かし方

シャンプーをしたあとはしっかりと乾かしましょう。頭皮が濡れた状態を放置しておくと、痒みやフケの原因になります。フケの原因であるマラセチア菌は、ムレて湿ったところを好んで生息するのです。

その① まずはタオルドライ

ドライヤーの熱風は頭皮によくはないんです。なのでなるべくドライヤーを短時間使用にするために、タオルで水分を拭き取ります。お風呂上がりにタオルを頭に巻いたり、タオルで髪の毛を包んだりする人がいますが、あれはあまりよくありません。頭皮、髪の毛をすぐに乾かすことが大事なのです。

その② 風力の強いドライヤーで一気に乾かす

熱風は頭皮の「乾燥」に繋がります。乾燥はニキビやフケの原因になるので、なるべく早く髪の毛を乾かすべきです。そのため、なるべく風力の強いドライヤーがオススメです。

こちらAmazonランキングベストセラー1獲得のドライヤーです。このドライヤーの魅力はなんと言っても風力の強さ!!濡れた髪を一気に乾かしてくれます。

購入

 

その③ 最後は冷風に切り替えよう

頭皮が乾燥しないように冷風に切り替えて仕上げましょう。最後に冷風をかけてあげることにより、髪にうるおいとつやを与えることができます。

 

身体と髪の毛、どっちを先に洗う?

普段あまり気をつけていないかもしれませんが、シャンプーを先にしたほうがいいのです。なぜならシャンプー→身体であれば、シャンプー後に背中や胸に成分の洗い残しがなくなるからです。

メイク落とし→シャンプー→コンディショナー→ボディソープ→洗顔フォーム

の順で使っていきましょう。

 

まとめ 頭皮を守るために肌に優しいシャンプーで土台を作ろう

シャンプーは水。頭皮は畑と考えるんです。

しっかりとした畑、土を作るためには水が欠かせませんね。土がよくなければ野菜も果実も育たない。頭皮も同じです。シャンプーで頭皮に潤いを与え、皮脂やマラセチア菌が繁殖しすぎないようにしてあげる。そうすることで上質な髪の毛は育ちます。フケやニキビ、炎症や痒みはおきません。

頭皮という名の畑を守ることがシャンプーの役目なんです!

そのために質の良いシャンプーを使いましょう!!

 

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら