記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

自分のニキビ写真、画像を公開しよう ニキビを受け入れよう

2017年05月04日
自分のニキビ写真、ニキビ画像を公開しよう

自分のニキビと向き合う

僕は思春期の頃からニキビが出来始め、それから15年近くニキビと戦ってきました。もう今ではニキビ、ニキビ肌は僕にとって親友みたいなもの、恋人みたいなものです。僕はニキビができること、ニキビ肌の自分をちゃんと受け入れることができました。

しかしそれを受け入れるには苦難の連続であり、今でも治りたい、綺麗な肌が欲しいと願うことは変わりません。少しでも綺麗な肌になるために治療も続けていますが、僕が普通の人よりも肌が汚い、ニキビ肌だと言うことはもう変わることはありません。

なので、この肌の自分をちゃんと受け入れて生きることにしたんです。

その気持ちに行き着くまでは何年も何年もかかりましたが、僕は僕という人間を認めることにしました。そこまでの気持ちの移り変わりや、想い、自分が試した治療法、オススメの化粧水や乳液、美容液、などをこのサイトを通して書けていけたらいいなと思います。

その前に!

自分のニキビ肌を公開しないと信用を得られませんね。

なのでちゃんと自分自身の肌を見てもらおうと思います、、、!

スポンサードリンク

加工なし!自分のニキビ顔!

加工は何もしません。加工したら意味がないですからね。

あと高性能なカメラとか持ってないので、iPhoneの普通のカメラです 笑

ニキビがある人ならわかると思いますが、自分の肌って光の加減だったり鏡の位置だったり、ライトの色だったりでかなり変わりますよね。白のライトとオレンジ色のライトの下じゃ、全く違います。

なので本当のニキビ肌を撮るのってかなり難しい!

ということを踏まえて見てください。

写真加工なし、化粧水とか乳液とか何も付けてない、顔洗ったばかり、の状態。

気持ち悪かったらごめんね!見たくない人はこのままページを離れてくださ〜い!

 

自分のニキビ写真、ニキビ画像を公開しよう

自分のニキビ写真、画像

自分のニキビ写真、画像






ふう・・・

いやキッつ・・・自分の肌を晒すのってさすがにキツイですね・・・!
自分のコンプレックス、病気を発信してるようなすべての人達を僕は尊敬します。

結構わかりやすく撮れたんじゃないかと思います。

光の加減とかはどうしようもないですね、プロのカメラマンじゃないですし、美容外科にあるようなカメラもないので・・・。

これでもかなりマシになった、良くなったほうです。

見ればわかると思いますが、僕の場合はもうニキビ痕、クレーターとの戦いです。
ニキビがあった全盛期の頃に、潰してしまったのが原因ですね・・・!
1番ひどかったときは18歳のときだったと思います。もう10年前!
ニキビ全盛期の頃は50個以上は常時あったかと・・・

ひどかった頃の写真などがあればいいんですが、ないです。人前で晒せるような精神状態じゃなかったので、写真なんか1枚たりともありません。だけど今なら撮れます!

僕はまだ治したいという気持ちがあるので、治療中です。

そしてこれを見て、どう思いましたか?

こうはなりたくない!!

と思ってくれたでしょうか。

そうです!

こんな風になってほしくありません。僕は今でも不定期でレーザー治療を受け、治そうとしていますが、僕の肌はもう完っ璧に綺麗になることはないでしょう。よほど画期的な治療法が生まれれば治るかもしれません。僕もまだやったことのない治療法は沢山ありますが・・・

ただひとつ言えるのは、今ニキビで苦しんでる人がいたとして、

僕のようになってほしくないんですね。

僕はこの肌のせいで10代後半〜20代前半まで暗く沈んだ生活を余儀なくされました。

死にたくなった、自殺したくなった、視線恐怖症になった、対人恐怖症になった、鬱病になった、数え切れない。

 

ニキビ顔って辛い・・・

辛くない人なんていません。僕は死ぬほど辛かった。過去に自殺を考えたほどです。
それは、同じような人達にしか気持ちはわかりません。

でも、僕は死ぬ勇気もなく、死ぬことはできませんでした。

そんな死を考えてから10年近く経ったと思います。僕は今まで、

「自分の肌だけなんでこんなになったんだろう・・・」
「なんで他の人たちの肌は綺麗なんだろう・・・」
「俺なんて生きてる価値もない人間なんだ・・・」
「もう恋愛とかできないし、普通の人生は歩めないんだ」

なんてことが10代、20代前半までずーっと頭の中を巡っていました。
1日たりともその考えが消えたことはありませんでした。
辛くて辛くて辛くて辛くて・・・それは、とても・・・言葉では表せません。

ニキビがない人にはその気持ちはわかりません。
当たり前です。どんな事柄でも、同じような境遇に立たされた人、同じような環境にいる人にしかそれは実感できません。皮膚科医にだって本当の意味ではその辛さはわからないでしょう。

だから、僕が代弁します。

どれだけ辛かったか、どんな想いで生きてきたか。

そして、僕はこのサイトを通して言いたいんですよ。
ニキビにずーーーっと苦しんできた僕だから言いたいことがあります。

その言いたいことをこのサイトを通して伝えていけたらいいな、と思います。

今、死ぬほど辛い、もう死んでしまってもいい、自殺したほうがマシだ。
そんな想いを抱えている人・・・!

少なからず、いや、沢山いるんじゃないかと思います!


絶対に死なないでください!!

いや、僕が死なせません・・・!

もし辛くて仕方なければこのサイトを見てください!

僕が今まで苦しんだ想いをこのサイトを通じて吐き出したいと思います。

同じような人達の苦しみが少しでも和らいでくれれば幸いです。

みなさんの心が少しでも癒えてくれれば幸いです。

あと僕は今でも治療中ですし、ニキビ肌と付き合っていかなきゃいけません。なので自分自身にも知識を吸収する上で作っていこうと思います。

では、僕とニキビさんとのラブストーリー、見ていってください。

・・・できるだけポジティブに書いていこうと思う!
なぜなら僕の精神が持たないから・・・笑

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら