記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

ニキビ肌の人へ向けた優しい化粧水の付け方 正しい保湿

2017年05月17日
ニキビ肌の人へ向けた優しい化粧水の付け方

正しい化粧水の付け方って?

ニキビ肌の人は保湿のため、ニキビ肌を改善させるために化粧水を付けます。

ですが、その化粧水もテキトーにつけていてはせっくの美容成分や効果が薄れてしまいます。ニキビ肌の人へ向けた正しい化粧水の付け方ってどんなもの?

化粧水、いつ付けるか?洗顔後でしょ!

化粧水、いつ付けるか?洗顔後でしょ!

ニキビ肌の人もそうですし、そうじゃない人もそうですが、化粧水っていつどんなときに付けるの?って気にしたことがありますか?

大抵はお風呂上がりや朝の洗顔後に付けるのが一般的です。

ですが、お風呂上がりでもどのタイミングで付けるのか?朝の洗顔後でもどのタイミングで付けるのか?

洗顔後、5分以内 !

洗顔後、5分以内 !

まずしっかりと洗顔をします。洗顔によって、一日の汚れ、寝ていたときに付いた汚れやほこり、皮脂や古くなった角質が流されます。

しかし、その洗顔によって肌は一時的に開放状態になっているんですね。外側からの刺激を貰いやすい状態になっています。

洗顔によっていろーんなものが肌から流されていきます。もしかしたら肌を守っていた分の皮脂などが落とされている可能性もあります。それによって、すぐに乾燥してしまい、逆に肌が傷んでしまう場合がある。

そのため、化粧水で保湿をしなければいけません。

洗顔によって、肌の扉が開けっ放し状態になっている!

すぐに誰かが侵入してくるかもしれない!

それを守るため、化粧水で保湿しましょう!

できるだけ早く開いた扉は閉めたいですよね?外からの攻撃を防ぐために、すぐにでも閉めたいはずです。

なので洗顔から5分以内!

洗顔後、しっかりとタオルで顔に付いた水分を拭き取ってから化粧水を付けましょう。お風呂から上がった後、5分以内に化粧水を付けるのは難しいかもしれません。ついつい違うことをやっていまいがち、ですが化粧水を付ける作業はそれほど時間はかかりません。毎日続けていれば自然と習慣化されていくので、続けていくことが大事です。

 

化粧水はコットンより手を使おう!

化粧水はコットンより手を使おう!

化粧水を付けるときは手?それともコットン派?

どちらかと言えばコットンのほうが優しそうに見えますね。手で付けるのはちょっと汚いイメージがあるかもしれません。しかし、より化粧水の成分を肌に浸透させるには「手」のほうが良いのです。

コットンというものはそもそも拭き取るために使うものです。化粧水を顔に付けるためにあるものではありません。敏感肌の人はコットンの繊維によって肌に逆に刺激を与えてしまうこともあります。

「手」で直接、化粧水を付けるほうがお肌に「優しく」「浸透しやすい」のです。

もちろん、手で直接付けるので、手は何よりも清潔にしておかなければなりません。

 

付けすぎはNG!肌に馴染ませるくらいが丁度いい

付けすぎはNG!肌に馴染ませるくらいが丁度いい

自分の肌に馴染ませる程度に手のひらに化粧水を落とします。

それを両手でゆっくり優しく肌に馴染ませていってください。

このときに決して、こすったり、ゴシゴシしたりしたらいけません。

あと、パンパンパンと顔を叩きながら化粧水を付ける人がいます。これをパッティングといいますが、これもNG。

敏感なニキビ肌の人なら尚更!

やさーしく、

ゆっくりと指で軽く押し当てて、なぞるように馴染ませてあげてください。

もしも、ニキビがあった場合、触れてはいけません。触って悪化してしまったらいけないので、ニキビがある箇所はできるだけ避けて、もしくは直接は触れずに手のひらから落とし込むような形で化粧水を馴染ませてください。

付けていく箇所、順番は特に決まってはいません。

肌全体に馴染むように、優しく押し当てるように付けていってください。肌全体に馴染ませますが、付けすぎはよくありません。一度付けた箇所に何回も繰り返しつけることはNGです。付けすぎて化粧水がすぐになくなってしまう方はいませんか?あれ、この前買ったのに、また買わなきゃいけない!なんてパターンに陥っていませんか?それは付けすぎだからです。適量を付けることこそ、肌質改善に繋がります。

 

化粧水後、美容液、乳液なども忘れずに!

化粧水だけではなく、その後のケアも必要です。美容液や乳液を使って、肌質を改善させる。ターンオーバーを改善させる。ニキビ肌を改善させましょう。

 

化粧水の付け方、まとめ

化粧水の付け方、まとめ

・洗顔後にすぐに付ける、5分以内!
・手を使って付ける!ハンドプレス!コットンは使わない
・効くと思って化粧水を付けすぎない、適量を
・こすったり叩いたりして強く付けない、優しく肌に馴染ませる

 

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら