記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

思春期に多いおでこ、鼻のTゾーンにできるニキビの原因

2017年07月14日
思春期に多いおでこ、鼻のTゾーンにできるニキビの原因

Tゾーン=おでこ、鼻

お顔のニキビができやすい場所として「Tゾーン」や「Uゾーン」と呼ばれる箇所があります。ではこの「Tゾーン」や「Uゾーン」がどこの部分かご存知でしょうか?

「Tゾーン」という箇所はおでこから鼻にかけての部分のことです。ここがちょうどTの形になることからTゾーンと呼ばれています。

「Uゾーン」とはフェイスラインのことです。あごや口周り、鼻の下ですね。ここがUの形になるのでUゾーンと呼ばれています。

今回はTゾーンにできるニキビについてです。

Tゾーン、鼻の上やおでこのニキビは「10代の思春期」にできる

Tゾーン、鼻の上やおでこのニキビは「10代の思春期」にできる

Tゾーンにできるニキビというのは10代の思春期に多いんですね。思春期の人はそもそもニキビができやすい時期であり、頬や口周りにもできている人もいるかと思いますが、特に鼻の上、おでこにはできやすいんです。鼻の上のニキビ、おでこに大量にニキビができる・・・そんな10代男子、女子はいませんか?

鼻の上やおでこは1番脂っぽい、皮脂が多いところ

鼻の上やおでこという場所は、顔全体を通して見ても皮脂が多い場所なんです。それは直接触ってみてもわかると思います。頬や口よりもおでこが「ベタベタ」、鼻の上が「べっとり」しているのがわかりませんか?それは「皮脂」です。鼻の上やおでこは他の部分と比べてなんと7倍も皮脂が多いことがわかっています。

皮脂が過剰に分泌していると「毛穴がつまります」。毛穴に皮脂が溜まっていき、排出できなくなります。そしてその皮脂をエサにしてアクネ菌というものが繁殖していきます。そして「ニキビができる」。皮脂が多い鼻の上やおでこというところは、こうして毛穴がつまりやすいんです。

どうして皮脂が多いの?ホルモンバランスの乱れ

なんで思春期の人は鼻の上やおでこが脂っぽくなってしまうのか?皮脂が多いのか?それは「ホルモンバランスの乱れ」が原因なんですね。思春期はホルモンバランスが特に乱れる時期なんです。第二次性徴を迎える時期であるため、心も身体も急激な変化を迎えます。男性もそうですし、女性もそう、それまで押し黙っていた男性ホルモン、女性ホルモンが「オラオラ、やっと出番が来たぜ」なんて風に活躍しだす。

女性ホルモン、男性ホルモン、どちらがニキビに関わっているのかと言えば「男性ホルモン」。こいつです。男ってヤツはこれだから・・・。

男性ホルモンは男にも女にも存在しています。そして男性ホルモンが活発になると皮脂量が増えていくんです。鼻の上の皮脂、おでこの皮脂・・・どんどん増えていきます。

そして毛穴がつまりアクネ菌が増え、ニキビができる。

これが思春期ニキビの大半の理由です。思春期に起きる急激な「ホルモンバランス」の乱れが原因なんです。

その他の原因を挙げるとすれば

・ストレス
・睡眠不足
・脂っこい食事ばかり取ってる
・太陽からの紫外線

などが挙げられますね。これは大人ニキビにおおいに関わっている問題でもあります。紫外線は肌バリアである角質を厚くしてしまうことがあります。それによっても毛穴はつまります。紫外線が強い春や夏は気をつけないといけないですよね。紫外線対策はしっかりと行いましょう。

日焼け止めクリーム使っていますか?女子の皆さんであれば常備しているかもしれませんが、男子諸君も日焼け止めクリーム、恥ずかしがらずに塗ってください。お肌を守るために必要なものなんです。

思春期に多いTゾーン ニキビの解決方法

思春期に多いTゾーン ニキビの解決方法

では思春期ニキビ、鼻の上、おでこにできやすいニキビは一体どうやって治していくのか?これらのニキビは思春期の第二次性徴のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が原因です。そしてそれを防止する方法はただ一つ!徹底した毎日のスキンケアを行う、ということです。

 

毎日の洗顔、化粧水での保湿でニキビ肌改善を

思春期の場合は、スキンケアを徹底して行えば肌質改善ができるんです。大人ニキビであれば「睡眠不足」「ストレス」「生理不順」などを整えないと治らない場合が多々ありますが、思春期ニキビの場合は「洗顔」「保湿」、これを毎日欠かさずに徹底して行うことでニキビ肌を改善させることができるのです。

 

ニキビを治すのではなく、ニキビ肌を治す

ニキビを治すのではなく、ニキビ肌を治す

思春期の人に勘違いしないでほしいのは出来たニキビそのものを治すのではなくて、時間をかけてニキビが出来やすい肌質を治していくということです。

ニキビそのものは皮膚科の塗り薬や抗生物質で炎症を抑えていくことができます。でもそれをやっていても繰り返しニキビはできてしまいますよね??皮膚科の薬を塗っているのに、次から次へとまたニキビができていく・・・。1個治ったらまた1個できた・・・そんな10代の方、多いですよね。それはあなたのお肌が「ニキビ肌」になっているからなんです。「ニキビができやすい肌」になっているからなんですね。

ニキビ1つを治したところで、ニキビ肌そのものを治さない限りは次から次へとニキビはできてしまうんです。

皮膚科で貰う薬や市販の塗り薬は、ニキビの炎症を抑えるためにあり、ニキビ肌そのものを改善させるためにあるわけじゃありません。

そしてニキビ肌を治すには「ターンオーバー」を改善させる必要があります。ターンオーバーとは肌の細胞が生まれ変わる周期のことです。お肌というものはある程度の周期で新しい細胞が出来て生まれ変わっているんです。その周期が通常は28日間と言われています。28日間の周期でお肌は次のお肌へと生まれ変わる。ですが、ニキビ肌の人はこのターンオーバーが乱れていて通常の周期で生まれ変わっていません。特に思春期の人は、このターンオーバーの移り変わりがとても早く乱れているんです。このターンオーバーを正常にさせることがニキビを作らせない肌に導くことになります。

じゃあどうするのか?

毎日のスキンケアでニキビを作らせない肌にします

ニキビができやすい肌を治していくには「毎日」「毎日」のスキンケアを行っていくしかありません。いきなりテストで90点以上を取る方法なんてありませんね。地道にコツコツと勉強していくしか方法はないんです。正攻法こそが最後に勝つ手段なんです。裏技や反則技を使ったとしても、その瞬間は良くとも、後で倍以上に何かを失います。それは大人である僕が、思春期の皆さんにお伝えしたい。

そういうわけで毎日のスキンケアこそがニキビ肌改善を導くんです。

毎日の洗顔こそが思春期ニキビ防止の要!

洗顔にもちゃんとした方法があります。適当に洗顔していませんか?例えばゴシゴシと洗ったり、強くこすったり、ちゃんと泡立てていなかったり、それは絶対にしてはいけないことです。あとニキビ肌用の洗顔フォームを使っていますか?市販のものにはちゃんと泡立たないものだったり、敏感肌には合わないものもあります。自分に合った洗顔フォームを使いましょう。

ニキビ肌の人へ向けた洗顔方法はこちら

 

化粧水での保湿こそがニキビ肌を作らせない!

思春期の人、化粧水付けてますか??最近は10代から化粧水を付けるのも当たり前になってきましたよね。ニキビがない人でも毎日化粧水を付けてる人は沢山いるんです。なのにニキビがある人が付けていないなんてもってのほか!ちゃんと付けてください。

化粧水は「保湿」することが役目なんです。保湿とはお肌に水分を与えて潤わせてあげることです。保湿させないとお肌は乾燥してきます。乾燥すると皮脂が毛穴につまってしまうんです。せっかく洗顔でお肌が綺麗になったのに、そのあとの保湿しないと毛穴が詰まってニキビができてしまうんです。だから毎日化粧水で保湿することは必須です!

どんな化粧水を使えばいいのか?ニキビ肌の人へ向けた化粧水は今や山のように開発されています。ニキビ肌で苦しんでいる人を助けようと日夜製薬会社の人達は精を出しているんですね。自分に合った化粧水を探してみましょう。

ニキビ肌の人へ向けた化粧水はこちら

これらのスキンケアを毎日毎日行うこと、それこそがニキビ肌がなくなることになるんです。ニキビが治らない・・・繰り返しできてしまう・・・というのは「ニキビができやすい肌」になっているからだったんです。そりゃあニキビが1つ治ったところで、肌そのものが改善しない限りまたできますよね。

毎日コツコツと、継続は力なり。これが大事なんです。

ですが・・・

10代は時間が過ぎるのが長く…我慢できない

ですが毎日毎日汚肌で学校に行くことって辛いですよね・・・。コツコツと言われても10代の頃の1日1日、1週間1ヶ月というものは大人と比べると体感時間がものすごーーく長い。人生で1番時間感覚が長いときです。人生で1番時間が濃く流れていくときなんです。そのときにニキビ肌を我慢しろというのはとてもじゃないですが・・・難しいんですよね。

一刻も早く治したくてニキビを潰してしまったりしてしまいがちです。ですが・・・それは後々大変なことになります。その後の将来を捨てることになる。20代を捨てることになりかねません。なので我慢できなくて潰すことだけは止めてください。ニキビを潰すことによってニキビ跡になり、凸凹のクレーター跡や色素沈着の跡になってしまいます。そうするとそれはものによってはもう一生消えることはありません。その後の人生を全て失ってしまいます。なので潰すことだけは絶対に止めてください。

触ることもNGです。ニキビは気になって気になって触ってしまいがちですよね。ですが触ることにより、手や指についた雑菌が付き、それが原因でニキビの炎症が悪化して赤ニキビ、黄色ニキビと治りにくいニキビになってしまいます。触ることはニキビを治すことと正反対のことなので絶対に止めてください。

どうしても我慢できないという人・・・方法があるかと思います

例えば、鏡は極力見ない。自分の肌を見てしまうと潰したくなったりしてしまう。なので鏡を見ることは洗顔のときや化粧水を付けるときだけにしましょう。

ニキビ以外のことに集中する。ニキビがあるとどうしてもニキビのことを考えてしまいがちですが・・・ですがニキビ以外のことに没頭してみてください。自分が好きなことが1番ですね。音楽でも漫画でも勉強でもなんでもいいんです。思春期は色んなことを1番吸収できるもの凄い時期です。人生の中で最も吸収力が高い時期なんです。その期を逃すのはとてももったいないことなので、自分が好きなことをこれでもかっ!ってくらいに吸収してみてください。そうすることによりニキビのことは頭から離れていくと思います。

思春期に肌が荒れるのはとても辛いですが、解決方法はあるんです!ぜひまずは毎日のスキンケアを見直してみてください!

 

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら