記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

「乳液」でニキビ肌を防止!化粧水との違い、何のためにあるの?

2017年07月26日
「乳液」でニキビ肌を防止!化粧水との違い、何のためにあるの?

「乳液」がニキビ肌によくないってホント?

みなさん、「スキンケア」してますか?

ニキビができやすい肌質の人はホルモンバランスの乱れや、不衛生な食事や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の乱れによってお肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れています。ターンオーバーを改善しない限りニキビが次から次へと繰り返しできる「ニキビループ」から抜け出すことはありません。

そしてそのターンオーバーを正常に戻すには、洗顔、化粧水での保湿、そして乳液でのお肌のカバーをしてあげないといけません。洗顔、化粧水までは使っているけど、「乳液」って使う必要性あるの?と疑問を抱く人も多いでしょう。

今回は「乳液」はニキビ肌に必要なのかについて

乳液は「水分」と「油分」からできている

 

乳液は「水分」と「油分」からできている

通常のスキンケアであれば、洗顔後の5分以内に化粧水をお肌に浸透させます。その次に美容液をつけて、更にそこに乳液をつける。必要があればクリームを最後につける人もいます。

洗顔化粧水美容液乳液クリーム

の順番でスキンケアは行われるわけです。ですがニキビ肌の人には「乳液」は合わない、付けないほうがいい、とも言われています。

なぜそう言われているのかと言えば、乳液には油分が含まれているからです。この油によって、脂性肌(オイリー肌)になってしまうんじゃないか?と言われているのです。ただでさえニキビが出来やすい人はベタベタした脂っぽい肌質であるのに、そこに更に上から油分がある乳液を被せてしまったら脂性肌が加速するんじゃないか?ということです。

ですがこれは間違いです。

乳液に含まれている油分は全体のほんの10%〜30%しかありません。残りは水分と残りはその乳液によって違いますが、様々な美容成分が含まれています。ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸だったり、肌の弾力を保つコラーゲンだったり、セラミドやヒアルロン酸だったりと乳液の中身は様々です。

なので乳液の油分は脂性肌を作るほどの油ではないんですね。だからニキビ肌の人が乳液を使っても大丈夫!

では乳液とは一体何のためにあるのか?

化粧水をお肌に浸透させるために「乳液」がある

洗顔後、化粧水をつけていますが、化粧水の役目は洗顔で失われたお肌の水分を整えてあげることです。すなわち「保湿」です。

ですが、化粧水だけでは完璧な「保湿」は行われない場合があります。現在ではとても保湿力の高い化粧水もあるため、高価な化粧水はそれのみで保湿できるかもしれません。ですが乳液を使うこともオススメします。

化粧水のみの保湿だと、お肌から水分が蒸発してしまいます。

洗顔後には皮脂膜が剥がれている

洗顔後には皮脂膜が剥がれている

お肌の1番上には皮脂膜というところがあります。肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」と分かれていますが、表皮の1番上に「皮脂膜」というところがあります。皮脂膜は汗と皮脂でできた膜のことなんですが、この皮脂膜が水分の蒸発を防いでいる役割をしているんです。その他、外側からの刺激から守ってくれたり、いわば肌のバリア機能を果たしています。

ですが、洗顔をした後はこの皮脂膜が剥がれてしまっているんですね。皮脂膜が剥がれたところに化粧水を注いだとしても、すぐに化粧水の水分が蒸発してしまいます。せっかくの厳選された美容成分なのに、お肌に浸透しなかったら宝の持ち腐れですよね。

だからこそ!乳液でお肌に「蓋」をしてあげるんです

乳液の役目はお肌の「膜」です。皮脂膜がなくなった肌に、皮脂膜の代わりにバリアを張ってあげることこそ乳液の役目なんですね。そうすることによって化粧水の水分、美容成分が蒸発せずに浸透していきます。

皮脂膜は時間とともに形成されていきます。なので次の皮脂膜ができるまでの間に、乳液で「膜」を張ってあげる。これこそが乳液の役目なんです。

その他、お肌の潤いを保つための美容成分が乳液には配合されているので、それらをプラスで送り込むことも乳液の役目になっています。

あなたは脂性肌?乾燥肌?それとも混合肌?

乳液には油分が配合されています。その油分は乳液に配合されている成分全体から見れば少ないものですが、「乳液を付けると何かベタベタしてイヤだな・・・」という人は肌質によって使い方をわける方法もあります。

ニキビができやすい肌質は人それぞれです。脂っぽい肌の脂性肌(オイリー肌)の人は皮脂量が多くてニキビができます。カサカサいている乾燥肌の人は毛穴が小さくなる、乾燥したことにより皮脂が一度に排出される、ことによりニキビができます。混合肌の人は、鼻の上やおでこだけ脂っぽく、あごや口周りだけ乾燥しているというものです。

脂性肌(オイリー肌)の人が使うべき「乳液」

脂性肌(オイリー肌)の人が使うべき「乳液」

肌が常にベタついていて皮脂が過剰分泌している脂性肌(オイリー肌)の人は、油分の少ない乳液を使うべきです。乳液によって油分と水分、美容成分の配合量が変わってきます。

化粧水には「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」の2つがありますよね。乳液にもさっぱりとしっとりで分けることができます。

「さっぱりタイプ」は名前の通り水分量が多いのです。逆に油分はとても少ない。脂性肌の人が使うべき乳液は「さっぱりタイプ」になります。

 

乾燥肌の人が使うべき乳液

逆に乾燥肌の人は「しっとりタイプ」を使うべきです。乾燥しているということはお肌に皮脂が全く足りていないんです。皮脂は常在菌であり、お肌のバリア機能を果たしてくれています。なので乾燥肌の人は、油分の多い「しっとりタイプ」を使いましょう。

大人ニキビの原因は乾燥肌がほとんどです。特にあごや口周りのフェイスラインは元々皮脂が少ない部位であるため、特に乾燥しやすく大人ニキビができやすい場所です。

 

混合肌の人は、部位によって付ける量を変える

混合肌の人は、部位によって付ける量を変える

脂性肌(オイリー肌)と、乾燥肌の両方が混ざっている混合肌の人は、おでこから鼻にかけてのTゾーンは脂っぽく、あごや口周りのUゾーンは乾燥しています。

元々鼻の上やおでこは皮脂が多い、あごや口周りは皮脂が少ないのです。この混合肌の人の場合は乳液の付ける量を変えましょう。鼻の上、おでこは少なめに付ける、あごや口周りは多めに付けるという部位ごとの付け方をしましょう。

脂性肌の部分は油分を少なく、乾燥肌の部分は油分を多くです。

 

ニキビ肌の人のためのオススメ乳液の選び方

乳液が何のためにあるのか?乳液は化粧水の成分をお肌に浸透させるためにあります。皮脂膜が剥がれてしまったところに乳液でバリアを張る、膜をしてあげるのが乳液の役目でしたね。

オススメしたい乳液ですが、

化粧水の美容成分をよりよく行き届かせるためにあるのなら、その化粧水と同じメーカーの乳液を使うべきです。その乳液は同じメーカーの化粧水の成分をより浸透させるために作られたものだからです。なのでオススメしたい化粧水と、オススメしたい乳液は同じものになります。同じ種類のものを使えば、美容成分がお肌にぐっと浸透していくでしょう。

トライアルセットを試してみましょう

まずはトライアルセットです。トライアルセットとは、洗顔フォーム、化粧水、美容液、乳液、クリームなどがコンパクトに収められたもの。これは通常の製品よりは量が少ないですが、自分の肌に合うのか試すにはちょうどいいお値段と大きさです。

オススメのトライアルセットをご紹介致します。

「ルナメアAC」 トライアルセット

「ルナメアAC」 トライアルセット

富士フィルムが開発しているニキビ用のスキンケア用品です。富士フィルムは元々写真屋ですが、写真フィルムの薄さは、肌の角層と同じ20マイクロメートルなんです。そこに注目し、写真技術を美容に活かし、成分を肌の奥まで浸透させることに成功させているのが富士フィルムです。

・ルナメアAC クレンジングオイル<メイク落とし>
・ルナメアAC ファイバーフォーム <洗顔料>
・ルナメアAC スキンコンディショナー(ノーマルタイプ/しっとりタイプ) <化粧水>
・ルナメアAC ジェルクリーム <ジェルクリーム>

これだけ付いてきて1,080円になります!

購入
購入
もっと詳しく

 

 

「VCシリーズ」 トライアルセット

「VCシリーズ」 トライアルセット

最新技術を駆使したビタミンC誘導体「VC200」を配合したVCシリーズ。通常のビタミンCの200倍の浸透率があります。

どんなスキンケア用品よりもVCシリーズはビタミンCに注目しています。美白、美肌になるためには「ビタミンC」を摂取しようと昔から言われていますね。ですがビタミンCは水溶性ビタミンであり、中々お肌に浸透しないという問題がありました。ですが「VC200」はどのビタミンC誘導体よりもお肌への浸透率が高いのです。

トライアルセットは1,800円になります。

購入
購入
購入

 

 

「ビーグレン」 トライアルセット

「ピーグレン」 トライアルセット

ビーグレンは赤ニキビなど炎症してしまったニキビを抑えてくれるグリチルリチン酸ジカリウムの他、モンモリロナイトという皮脂の過剰分泌を抑えてくれる天然の粘土成分が配合されています。

・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

だけ入って1,800円!のトライアルセットです。

購入
もっと詳しく
もっと詳しく

 

 

「草花木果どくだみ」 トライアルセット

「草花木果どくだみ」 トライアルセット

草花木果どくだみは古来より傷薬や皮膚薬に使われてきた「どくだみ」に注目を置いたスキンケア用品になります。

・整肌洗顔石けん・どくだみ
・整肌化粧水・どくだみ
・整肌保湿液・どくだみ
・メイク落としオイルのサンプル
・美白日中用美容液のサンプル
・特製コットン20枚

これだけ入って1,296円!

購入
もっと詳しく

 

 

自分のお肌に合ったスキンケア用品を選んでみましょう。同じメーカーの化粧水、乳液を使うことで美容成分の更なる効果が期待されます!ぜひ乳液の選び方も自分なりに考えてみてください。

 

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら