記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

胸のニキビの原因 衣服の蒸れ、シャンプー成分の付着 皮脂が多い

2017年09月02日
胸のニキビの原因 衣服の蒸れ、シャンプー成分の付着 皮脂が多い

胸の鎖骨周辺、谷間にできるニキビ

背中に続いてニキビができやすいのが「胸」です。

体のニキビで悩んでいる場所はどこ?

「背中」「お尻」「陰部」「胸」などがあります。 その中でも胸はニキビができやすい場所でもあり、悩んでいる人も多いでしょう。顔にもできるし胸にもできるし、一体ニキビって何なの!?と苦しんでいる人へ、嘆いていても願っていてもニキビは消えてくれません。一緒に胸のニキビの原因と対処法、見ていきましょう。

原因その① 胸のニキビは衣服の蒸れによるもの

原因その① 胸のニキビは衣服の蒸れによるもの

胸は汗をかきやすい場所です。衣服によって汗を拭きづらい場所でもあり、そのためすぐに「蒸れ」を起こします。蒸れを起こすとなぜニキビができるのか?

胸は元々皮脂が多く分泌している場所でもあります。人間の身体の肌は皮脂腺というものがあり、そこから肌を外敵から守るための「皮脂」が分泌されています。一定量の分泌であれば皮脂は何の害にもならないものですが、これが分泌しすぎると毛穴のつまりを引き起こすのです。

毛穴がつまるとニキビになります。

マラセチア菌が繁殖すると?

顔のニキビは「アクネ菌」によって炎症を起こしますが、胸や身体のニキビはマラセチア菌という真菌によって炎症を起こすのです。名前が違うだけであり、ニキビが炎症を起こすのは同じ仕組みです。マラセチア菌は毛穴につまった「皮脂」をエサにして繁殖していきます。

それによりニキビは炎症し、「赤ニキビ」と呼ばれるものになるのです。

マラセチア菌も皮脂と同じく、人の肌に常在している菌です。彼らもまた、増えすぎていくのが問題なのです。

そして、マラセチア菌は湿った場所や汗ばんだ場所が大好きなのです。

衣服の中で蒸れを起こした胸周辺はマラセチア菌の絶好の住処です。更に皮脂も沢山いるわけですから、マラセチア菌を呼んでいるようなもの。

特に夏場は汗をかきやすい時期です。下着の締め付けなどによって、蒸れやすい時期です。胸の汗を拭くことは中々できません。

解決方法「通気性の良い下着、衣服に変える」

胸のニキビができやすい人、今現在ある人は衣服や下着のデザインにこだわる必要はありません。今はニキビを治す、ニキビができる肌を治すことが先決です。

そのため風通しの良い、通気性がある衣服、下着に変えましょう。例えばユニクロの「エアリズム」などは通気性を重視した素材でできており、蒸れることがありません。 そういった類の下着に切り替えましょう。

汗をかいたら、しっかりと胸を拭くことも大切です。胸は汗が溜まりやすい場所でもあります。 汗を拭く時間、衣服を変える時間を作りましょう。

 

原因その② シャンプーの洗い残しが付く

原因その② シャンプーの洗い残しが付く

シャンプーやコンディショナーを行った後、胸を見てみてください。シャンプーが付いていませんか?その成分は肌に刺激を与えてしまうため、ニキビの原因にもなります。成分が毛穴につまってしまうからです。毛穴つまりは皮脂や汚れです。その汚れの1つがシャンプー等の成分が付着しているため、というもの。

シャンプーの洗い残しは、痒みや炎症を引き起こし、「接触性皮膚炎」や「粉瘤(ふんりゅう)」といったニキビ以外の皮膚炎になってしまう可能性があります。洗い残しは絶対にNGです。

解決方法「髪から先に洗い、身体を最後に洗う」

髪の毛は先に洗うことをオススメ致します。髪を最後に洗うとシャンプー成分が付いたままお風呂から出てしまうことになりかねません。髪の毛は最初、身体は最後に洗いましょう。

身体を洗う際も、ボディーソープが身体に付いていないか、最後に確認しましょう。

 

原因その③ 髪の毛による接触

原因その③ 髪の毛による接触

女性であれば髪の毛がロングのため、それが皮膚に接触することによってニキビができる場合があります。髪の毛についた汚れや雑菌は毛穴をつまらせることにもなるのです。

ニキビには触れていけない

とよく言いますね。顔のニキビが悪化するのは髪の毛が触れるせいです。これは胸のニキビも同じです。髪の毛がニキビに接触するのことにより、刺激され、炎症を起こしてしまうのです。もちろん手で触るのは厳禁です。

ニキビは「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄色ニキビ」「紫ニキビ」とひどくなるにつれて変化していきます。赤ニキビ以降が炎症したニキビです。

髪の毛の接触はニキビを作る原因!

解決方法「髪の毛を束ねる、胸元の開いた服は着ない」

髪の毛がニキビに触れないためにも髪の毛は結んで束ねておきましょう。顔のニキビも髪が触れないように、家にいるときはヘアバンドなどで髪をかきあげて額、顔全体を出しておくようにしましょう。

ニキビがあるのに胸元の開いた服を着る人は中々いないと思いますが、そうした服もニキビに髪が当たってしまう原因になります。通気性の良い、胸の隠れる衣服に切り替えましょう。

20代を過ぎて胸のニキビが増えた?ホルモンバランスの乱れ

20代を過ぎて胸のニキビが増えた?ホルモンバランスの乱れ

20代を過ぎてから胸のニキビができやすくなった。ポツポツとたまに胸にニキビができてしまうという人も多いかと思います。20代を過ぎて胸にニキビができる原因は「ホルモンバランス」が乱れているせいです。主に「男性ホルモン(アンドロゲン)」が活発化することにより、皮脂量が増えて毛穴がつまるせいです。女性にも男性ホルモンは存在しています。

ではなぜ男性ホルモンが増えてしまうのでしょう?

男性ホルモンが増える原因① ストレス

社会人になれば10代の頃によりストレスを抱えることが多くなります。仕事での人間関係、交際トラブル、金銭的な問題、家庭問題、持病などなど。ストレスは肌荒れの元といいますね。でもストレスでなんでニキビが増えるのかご存知でしょうか?

ストレスが増えると自律神経のバランスが崩れるのです。自律神経には「交感神経」「副交感神経」の2種があります。交感神経は主に緊張感があるとき、脳や身体が活発化しているときに働く神経。副交感神経は主にリラックスしているとき、眠っているときに働く神経です。

ストレスを抱えると「交感神経」が優位に働いてしまい、男性ホルモンの分泌を促してしまうのです。

購入

 

男性ホルモンが増える原因② 睡眠不足

睡眠不足もストレスと同じく、「自律神経」が関係しています。睡眠不足が続くと、眠っている時間、リラックスしている時間が短くなる。そうすると「副交感神経」が働く時間も少なくなります。つまり「交換神経」が働いている時間が長くなります。

交感神経は男性ホルモンの分泌を促すため、皮脂量が増えて脂っぽい肌になり、毛穴がつまってニキビができるのです。

ストレスや睡眠不足は20代にとって中々治しづらいものですが、よく寝てよく休む、これこそニキビを作らせない生活習慣になります。

購入

 

生理中の黄体ホルモン(プロゲステロン)で胸ニキビができる

女性の場合、男性ホルモンだけではなく、黄体ホルモン(プロゲステロン)というものがニキビに関係しています。

生理中には女性ホルモンが分泌されます。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種があり、これがバランスよく働くことによって生理周期は保たれています。ですがこの2つのバランスが崩れると、生理周期も乱れていくのです。

そして黄体ホルモン(プロゲステロン)は男性ホルモンに似た働きをすることで知られており、皮脂の分泌を促してしまいます。黄体ホルモン(プロゲステロン)の量を減らすには卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を促しましょう。

購入

 

食生活が乱れると皮脂の分泌も増える

20代で胸のニキビができてしまうのは食生活が乱れがちになるからです。忙しい社会人にもなれば、まともな食事を取ることも難しくなるでしょう。ひとり暮らしをしていれば、食生活は次第に乱れていきます。

動物性たんぱく質や糖分は脂っぽい肌を作ります。乳製品やジャンクフード、スナック菓子、チョコレート、甘いスイーツ、などは避けましょう。

変わりに食べていいのは和食です。魚、野菜、レバーなどはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は肌の修復機能、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促してくれます。その他、ビタミンCが多く含まれているレモン、キウイ、ビタミンC配合のドリンクを飲むことも大切です。ビタミンCは皮脂の分泌を抑制する力があります。

購入

 

胸ニキビも化粧水や美容液でのケアを忘れずに

肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」。これが乱れると皮脂の多い脂性肌(オイリー肌)になったり、肌が厚くなる乾燥肌になったりしてニキビができます。肌はある一定の周期で新しい細胞が生まれ、古い細胞は剥がれ落ちていくようになっています。しかしその周期が早くなったり、遅くなったりすると肌荒れを起こしニキビができるのです。ターンオーバーの周期は成人であれば約28日間。この周期が早いか遅いかでニキビができます。

このターンオーバーの乱れを改善させるには、睡眠不足や食生活などを見直すことも大事ですが、毎日の化粧水等での「保湿」によっても改善させることは可能です。

ビタミンC誘導体が配合された化粧水はベタベタした脂っぽい肌を防止してくれます。脂性肌(オイリー肌)にはビタミンC系の化粧水、美容液をオススメします。

胸に顔に付ける化粧水を付けてもいいの?という疑問が湧くかもしれませんが、付けてもOKです。肌はどこの部位であろうとターンオーバーが行われています。それを正常にするために化粧水、美容液でのケアを行いましょう。

購入

 

胸のニキビも潰してはいけない

ニキビは触れていはいけない、潰してはいけない

これはニキビというものに対しての鉄則です。ニキビを早く治したいのならこれを守らないことには治りません。ニキビに触れると炎症が拡大し、指に付着している雑菌などがニキビを化膿させる原因となり、更にひどいニキビになります。

早くニキビを消したいがためにニキビを潰してしまうと「ニキビ跡」になります。赤い染みのような色素沈着、凸凹のクレータータイプのニキビ跡、どちらも自力で治すことは困難です。特に炎症を起こした「赤ニキビ」「黄色ニキビ」「紫ニキビ」などを潰すと高確率でニキビ跡になるため、絶対に潰さなようにしましょう。ニキビを潰してしまうと、その傷が肌の奥の「真皮」まで達してしまうため、化粧水や美容液の成分が行き届かないのです。

ニキビ跡を治すには専門的な治療が必要になります。「フラクショナルレーザー」や「ダーマローラ」といった保険の効かない高額な治療を受けないといけないため、ニキビを潰した後のほうが大変なのです。

胸のニキビが潰れてしまう原因に、衣服が擦れがあります。衣服の蒸れとそして擦れは胸ニキビの大敵です。胸にニキビができやすい人は一回りサイズの大きいもの、通気性の良いものを選びましょう。

胸は普段見えないからいいや、隠れてるからいいや、と油断して潰してしまうかもしれませんが、絶対に止めましょう。彼氏や彼女に見られるとき、裸になるときに困ります。ニキビは長期的な治療が当たり前です。三日三晩で治るものではないので、辛抱強く我慢しましょう。

購入

 

市販薬は使わない、皮膚科に行きましょう

市販で売られているニキビ用の塗り薬は成分が抑えられています。副作用の懸念があるため、用法用量を守らずに使ってしまう人も出てくるため、市販薬にあまり強い成分は使えません。

ドラッグストアなどで売られている医薬品にはその副作用のリスクの大きさに伴い、5段階にワケられています。

要指導医薬品≧第1類医薬品>指定第2類医薬品≧第2類医薬品>第3類医薬品

となっています。

要指導医薬品、第1類医薬品は薬剤師しか販売ができません。薬剤師からの説明、処方が必要になり、自分では手に取ることができない薬です。ですが、皮膚科で処方されるニキビ用の薬はどれもドラッグストアには置いていません

医師の処方なしで本格的な薬を手に入れることは無理なのです。中途半端な市販薬を使うとかえって治りづらく、長期戦になってしまいます。あまりにもニキビが胸全体に広がっていたり、赤ニキビや黄色ニキビが何十個もあったりする場合は、市販薬では手のうちようがありません。皮膚科を受診し、ニキビの炎症を早期に抑え込むための薬を貰いましょう。

購入

 

まとめ 胸のニキビは普段見えないからこそ気を使おう

胸は普段見えていないからこそ、隠れているからこそ、ニキビができても気づきにくいですし、ニキビが悪化していくのも気づかないんです。だからこそ余計に気を使わなければいけない場所です。

胸ニキビができるの原因

・衣服の擦れや蒸れがニキビを作る
・汗や皮脂が入り混じり、菌が増殖する
・胸のニキビの原因はマラセチア菌、湿ったところを好む
・シャンプーの洗い残し、成分が毛穴につまる
・胸は元々皮脂が多い
・20代はホルモンバランスが乱れる

胸ニキビを治す方法、予防法

・通気性の良い、サイズの大きめの下着、衣服に変える
・汗をかいたら拭く時間を作る
・シャンプーは先に、身体は最後に洗う
・ビタミンC誘導体の化粧水や美容液を使う
・たっぷりと睡眠を取り、リラックスする時間を作る
・まずは皮膚科へ行きましょう

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら