記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

フラクショナルレーザーとは?凸凹クレーターのニキビ跡に有効 種類や効果は?

2017年09月07日
フラクショナルレーザーとは?凸凹クレーターのニキビ跡に有効 種類や効果は?

フラクショナルレーザーでニキビ跡を治す

ニキビを潰してしまってできてしまった「ニキビ跡」。これを治すにはニキビそのものよりも時間がかかり、ニキビがあった頃よりも長い時間をかけて苦しむことになります。ニキビ自体があることもイヤなのに、その後も辛い思いをすることになるなんて、ニキビってヤツは一体なぜこの世に存在しているんでしょう?

ニキビ跡になってしまうと、化粧水や美容液などで改善させることは困難であり、専門的なレーザ−治療が必要になります。ニキビ跡には赤みがかった色素沈着タイプのもの、凸凹のクレータータイプのものがありますが、「フラクショナルレーザー」は凸凹クレータータイプのニキビ跡を改善させることができる最先端のレーザー治療です。

現在では導入している場所も多くなってきており、美容外科や皮膚科などで行うことが可能です。

フラクショナルレーザーとは肌に無数の小さな穴を開ける

フラクショナルレーザーとは肌に無数の小さな穴を開ける

肌に穴を開けるなんて・・・「怖い」と考えるのが当たり前かと思いますが、フラクショナルレーザーはそれまでのレーザー治療よりも比較的良心的なレーザー治療になります。

それまでのレーザー治療であれば、痛みやダウンタイムも長いものも多く、怖くて手が出せない人が多いものもありました。ですがフラクショナルレーザーはダウンタイムも短く、レーザーの出力やパルス幅もその人のニキビ跡によって、段階を変えることができるので、その人の肌に合ったレーザーを施すことができます。

今最も普及しているニキビ跡のレーザー治療が「フラクショナルレーザー」です。

なぜ肌に無数の穴を開けるのか?

フラクショナルレーザーは専用の器具を使用し、レーザーにより小さな穴を肌に開けていきます。簡単に言えば「一度肌にわざとダメージを与え、人間が本来持っている肌の再生能力を引き出すことによって、ニキビ跡を治す」というものです。

ニキビ跡とはそもそも何か?肌の奥の「真皮」が傷ついて出来たもの

ニキビ跡とはそもそも何か?肌の奥の「真皮」が傷ついて出来たもの

ニキビを潰してしまってできたニキビ跡…

ニキビを早く消し去りたい!早く治したいと思うがあまりに、ニキビを気にしすぎてしまってついつい潰してしまうのがニキビです。ですが潰してしまったら最後、ニキビ跡になります。特に炎症を起こしている「赤ニキビ」「黄色ニキビ」「紫ニキビ」などを潰してしまうと高確率でニキビ跡になるのです。

このニキビ跡ですが、肌の奥の「真皮」という部分が傷つけられてできたものです。

肌には上から「表皮」「真皮」「皮下組織」と段階分けされています。「表皮」では主に肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われています。 その下の真皮では肌に弾力や潤いを与えるためにコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸や水分が生成されているのです。

「表皮」では常に古い細胞が剥がれ、新しい細胞が生まれるというターンオーバーが行われていますが、「真皮」ではそれは行われていません。なので真皮が傷ついてしまうと、コラーゲンやエラスチンといった物質が生成されなくなります。なので真皮が傷ついてしまうと、もはや自力での再生は不可能・・・ニキビ跡はそのままにしておいても治ることはありません。ニキビ跡によっては真皮の下、「皮下組織」までダメージが及んでいるものもあります。

化粧水や美容液の成分は「真皮」まで届かない

現在販売されているほとんどの化粧水や美容液は肌の奥の真皮までその美容成分を行き届かせることはできません。なので化粧水等で真皮が傷つけられてしまったニキビ跡を完全に治すことは不可能なのです。なぜ真皮まで行き届かないのか、それは「薬事法(薬機法)」によって定められているからです。ほとんどの化粧水や美容液の成分は肌の上層部、表皮の1番上の「角質層」までしか届くことがありません。

なのでニキビ跡を改善させるにはレーザー治療が必要なのです。肌に無数の穴を開けて、熱を伝えることにより、コラーゲンの生成を促すのです。

フラクショナルレーザーはクレータータイプのニキビ跡に有効

ニキビ跡にも赤みがある色素沈着タイプと、凸凹したクレータータイプの2種類がありますが、フラクショナルレーザーは凸凹のニキビ跡に有効です。

ですが凸凹のクレータータイプにも種類があることをご存知でしょうか。

アイスピック型」「ローリング型」「ボックス型」の3種類があります。フラクショナルレーザーは「アイスピック型」のニキビ跡に特に効果を発揮します。

フラクショナルレーザーはクレータータイプのニキビ跡に有効 アイスピック型
フラクショナルレーザーはクレータータイプのニキビ跡に有効 ボックスタイプ型
フラクショナルレーザーはクレータータイプのニキビ跡に有効 ローリングタイプ型

アイスピック型とは針で開けた穴のような傷がついてしまうタイプのニキビ跡です。このニキビ跡がある人はフラクショナルレーザーをしたほうがいいでしょう。

逆に赤みを帯びた色素沈着タイプのニキビ跡はフラクショナルレーザーで良くなることはありません。赤みや炎症がひどい人は、場合によっては悪化してしまう場合もあります。フラクショナルレーザーはわざと皮膚に炎症を発動させ、再生を促すというものです。

フラクショナルレーザーの流れ 痛みやダウンタイム、費用は?

フラクショナルレーザーを行っている皮膚科や美容外科は近年増え続けています。それだけニキビ跡などに悩んでいる人が多いということでしょうか。フラクショナルレーザーはニキビ跡だけではなく、毛穴を引き締めたり、肌のハリ、弾力を取り戻すためにやる人も多いようです。

ではフラクショナルレーザーの施術の流れを見ていきましょう。

フラクショナルレーザーの施術①カウンセリング

フラクショナルレーザーの施術①カウンセリング

医師によるカウンセリングです。ニキビ跡がどの程度のものなのか、どれくらいの出力でレーザーを打つのかなどの判断をしてもらいます。

初回の施術の場合は、まずはお試しということで1番出力の弱いもので行うことが多いようです。痛みに耐えられるか、ダウンタイムに耐えられるかなどの判断材料にもなります。

フラクショナルレーザーの施術②肌の写真撮影

病院によっては効果の経過を見るために写真を撮影する場所もあります。フラクショナルレーザーによってどれくらい肌が変わっていったのか?などを確認するためでしょう。写真は専用のマシンで行います。

フラクショナルレーザーの施術③洗顔

メイクをしている場合は顔を洗わないといけません。フラクショナルレーザーを施術するときはメイクや化粧水、美容液、薬等はできるだけ付けずに行きましょう。

フラクショナルレーザーの施術④麻酔クリーム、痛み止め

フラクショナルレーザーの施術④麻酔クリーム、痛み止め

クリニックによっては麻酔を付けずに行うことも可能ですが、その場合は激しい痛みが伴います。麻酔クリームを顔全体に塗り、テープで顔を固定し、クリームを付けた状態で20分〜30分程度待ちます。このときに痛み止めの内服薬を飲む場合もあります。

フラクショナルレーザーは「痛み」を伴います。このときの痛みはチクッとした針で突いたような痛みです。ですが麻酔クリームを塗っていればそれほどの激痛ではありませんので、我慢できるレベルです。

フラクショナルレーザーの施術⑤レーザーを照射

フラクショナルレーザーの施術⑤レーザーを照射

麻酔クリームを自分で洗い流します。麻酔が効いているので、顔が突っ張った、硬くなった感じがあります。顔を触ってもあまり指の感触などがありません。

専用のマシン、器具でレーザーを照射していきます。このときに目はゴーグルで保護します。ニキビ跡がある部分に直接当てていきます。同じ部分にレーザーを当てる瞬間は、1秒程度です。1回の照射で当たる範囲は5センチ〜10センチ程度。顔全体に照射する場合は、1回の照射を繰り返して顔全体に当てていきます。

顔全体に当てたら2周目に入ります。2回当てることが多いようです。2回目のほうが痛みが強くなり、チクッとした針で刺したような痛みが連続で続きます。麻酔クリームを塗っているので耐えられる痛みです。血が出るほどではありませんが、ある程度の痛みはあります。

時間は顔全体で10分〜15分程度です。

 

フラクショナルレーザーの施術⑥肌を冷やす

フラクショナルレーザーの施術⑥肌を冷やす

レーザーの照射が終わり次第、肌を冷やすためにタオルに包んだ氷水を顔全体に置き、15分〜20分程度待ちます。レーザー照射後の顔は真っ赤です。肌に無数の穴を開けた状態なので、炎症を起こしています。

赤みと、白くて小さなブツブツが穴を開けた箇所に出来上がります。ですがそれは時間経過とともに剥がれていき消えていくので気にすることはありません。

フラクショナルレーザーの施術⑦成長因子(AAPE)導入

フラクショナルレーザーの施術⑦成長因子(AAEP)導入

レーザー自体は肌を冷やして終わりになりますが、その後にオプションを付けることができます。費用は上がりますが、更なる効果が期待できるのが成長因子の導入です。

成長因子(AAPE)とは約150種類の細胞を活性化させるたんぱく質を配合した美容液のことです。成長因子は元々肌に存在するペプチド成分であり、ほんの少量でも細胞を活性化させることができます。

フラクショナルレーザーで肌に穴を開けたことにより、肌の奥の「真皮」まで成長因子の液体を浸透させることができます。真皮でコラーゲンの生成を促し、皮膚が細胞レベルで活性化し、ニキビ跡改善に繋がります。

レーザー後のダウンタイム期間

レーザー後のダウンタイム期間

レーザー治療は打ったら終わりというわけではありません。ほとんどのレーザー治療には「ダウンタイム」と呼ばれる期間があります。肌が元の状態に戻るまでの期間です。フラクショナルレーザー後は顔全体に照射した場合、顔は赤くなり、穴を開けた部分は白い点々のようなブツブツが出来上がります。

これは2日〜1週間で取れていきます。レーザーを照射したその日は顔を洗ったり、お風呂に入ったりすることは出来ません。赤みが取れるほうが早く、白いかさぶたのようなブツブツはその後に剥がれていきます。

フラクショナルレーザー後はニキビが出来やすくなります。肌にダメージを与えたため、皮脂の分泌が増えます。ですがそれは一時的なものなのですぐに治まります。

この期間を耐えられるか、耐えられないかがレーザー治療ができるかの要です。学校や仕事があれば他人に見られるため、中々踏み込めません。もし長期間の休みを取れない場合は、ダウンタイム中はマスクをして隠しましょう。

フラクショナルレーザーの費用、価格

1番気になるのはお値段です。ニキビ跡に有効なレーザー治療は保険が効きません。フラクショナルレーザーも同じくそうですので、1回につき顔全体であれば2万円〜3万円が妥当になります。部分的にであれば5000円〜1万円のところもあります。成長因子の導入を行うとプラスで8000円〜1万円ほどになるでしょう。

 

フラクショナルレーザーってほんとにニキビ跡が治るの?という疑問

今のところ1番ニキビ跡に効果的と謳い文句を付けられているフラクショナルレーザーですが、本当に凸凹のクレーターのニキビ跡は消えるのでしょうか?

もしも治らなかったら高いお金がパーになりますし、痛みに耐えたりダウンタイムに耐えたりする時間がバカバカしいですよね。

1回の照射じゃ治らない、何回も繰り返す

残念ながら1回レーザーを打ったところで凸凹クレータータイプのニキビ跡が消えることはありません。1回目はレーザーの出力が弱いので、ほとんど差は感じられないでしょう。

フラクショナルレーザーは1回打つごとに肌が10%〜20%ほど再生されます。そのため回数を重ねていかないといけまん。症状によって回数に差はありますが、人によっては10回、20回と打つ人もいるようです。レーザーを打つ頻度は月に1回。

残念ながら繰り返し行わないと、ニキビ跡がまた元に戻ってくるという結果もあるようです。なのでフラクショナルレーザーは繰り返し行うことをオススメ致します。

フラクショナルレーザーにも種類がある、出力、パルス幅

フラクショナルレーザーにも種類がある、出力、パルス幅

フラクショナルレーザーは1種類ではありません。レーザーを打つためのマシンによって効果にも差があります。どれも呼び名は「フラクショナルレーザー」ですが、どのマシンを使っているかによっても大分効果が違います。

フラクショナルレーザーには、

eCO2 [エコツー](ルートロニック社)
smart xide [スマートサイド](DEKA社)
アンコア [ブリッジセラピー](ルミナス社)
CO2RE [コア](シネロンキャンデラ社)
Edge ONE [エッジワン](ジェイシス社)

というものがあり、製造元によってレーザーの最大出力などが変わるのです。どのマシンを使っているかはその病院によって違います。この中で最も効果があるのはeCO2 [エコツー]だと言われています。ですがその分、痛みとダウンタイムは激しく、耐えられる人にしかオススメしません。smart xide [スマートサイド]を使っている皮膚科や美容外科が一般的なようです。

レーザーを打ってくれる人は誰?

レーザーマシンによる照射のため、誰が打っても効果は同じなのですが、肌に穴を開けるものなので安心安全、信頼を得てレーザーを打ってもらいたいですよね。クリニックによっては看護師さんが打ってくれる場所もあります。医師が直接打ってくれたほうが信頼できますが、手慣れていない看護師さんだと不安になることもあるかもしれません。そうした場合は医師にお願いするように言いましょう。

ニキビ自体がある場合はレーザーしてもいいの?

今現時点でニキビがひどい、顔に赤ニキビや黄色ニキビが何個もある人はまだレーザー治療をする段階ではないのです。フラクショナルレーザーはダウンタイムでニキビができすい肌に一時的になります。ニキビが今もある人はニキビができやすい肌になっているため、ニキビが消えてからのほうがいいでしょう。

肌に赤みが残ってしまうって本当?

出力を最大限にあげてレーザーを照射する場合、肌の炎症は強くなるため一時的に色素沈着のような赤みが出ますが、それは時間とともに取れていきます。フラクショナルレーザーのダウンタイムは約1週間です。2週間、3週間経った頃には赤みもかさぶたも完全に消えています。

誰でも受けられるの?

ケロイド体質の人や、出血性疾患や治療部位にヘルペスなどの疾患がある場合は受けられません。

紫外線が少ない時期にやりましょう

フラクショナルレーザー後は肌のバリア機能はなくなっています。紫外線が強い夏場にレーザーを照射して外に出た場合、紫外線により肌へのダメージがとても強くなってしまいます。秋〜冬場にかけてレーザーを照射するのがいいでしょう。 夏場にレーザーを打つ場合は日焼け止めを必ず塗りましょう。施術当日は洗顔も化粧水もメイクもできませんが、日焼け止めは塗ることができます。

レーザーによる痛みはどれくらい?

フラクショナルレーザーの痛みは出力などにもよりますが、「チクッ」とした虫にさされるような、針で突かれるような痛みがレーザーを打つごとに連続で伴います。麻酔クリームを塗ったとしても痛みは必ずあります。施術中も痛みはありますが、終わった後、当日も痛みは続きます。レーザー後、数時間はヒリヒリした焼けるような痛みがあるので、もし耐えられなければ氷水などをタオルに包んで顔に当てることをオススメします。

耐えられる痛みですが、痛いものは痛いので、痛みを伴っても治したいという人だけ、覚悟をもってやってみましょう。

フラクショナルレーザー以外のニキビ跡治療法

フラクショナルレーザーはアイスピック型のニキビ跡に効果的なため、ローリング型とボックス型にはそこまでの効果が見込めません。

ローリング型とボックス型が多い場合は、ダーマローラーなどの治療法もあります。更に現在では自分の血小板を肌に注入するというFGF、PRPと呼ばれる皮膚再生療法なども注目を集めています。ニキビ跡専門の治療は年々進化を遂げているので、ここから更に変わっていくでしょう。

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら