記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

黄ニキビ 化膿ニキビは潰していいって本当?正しい潰し方「面皰圧出」とは

2017年09月27日
黄ニキビ 化膿ニキビは潰していいって本当?正しい潰し方「面皰圧出」とは

黄ニキビは潰してもニキビ跡にならない?

ニキビにも種類があります。

「白ニキビ」→炎症していない、初期段階のニキビ
「黒ニキビ」→白ニキビが空気中にさらされることで、酸化して黒くなった
「赤ニキビ」→毛穴の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている
「黄ニキビ」→炎症が拡大し、更に化膿まで進んだニキビ
「紫ニキビ」→肌表面に炎症、化膿が拡大し、紫色に血が滲んでいる

黄ニキビは4段階目の「ひどいニキビ」です。

黄ニキビは炎症と化膿が進んだ酷いニキビ

黄ニキビは炎症と化膿が進んだ酷いニキビ

黄ニキビはあまり良いニキビではありません。人によっては「これって潰すと芯が出てきやすいニキビでしょ!潰しちゃえ!」と思って潰す人もいるかと思いますが、ニキビの段階でいえばひどい状態のニキビ・・・それが黄ニキビです。

白ニキビと勘違いしやすい

白ニキビと勘違いしやすい

特に勘違いしやすいのがこれです。「白」「黄」の色だけで区別しているので勘違いしやすいのです。白ニキビはまだニキビの初期段階、アクネ菌も繁殖していなく炎症を起こしていない状態です。なので白ニキビを潰しても跡にはなりにくいのです。ニキビ跡になる可能性は低いです。

ですが膿も溜まっているし、炎症も進んでいる黄ニキビを潰すことはニキビ跡になる確率が白ニキビよりもぐんと上がります。なので白ニキビと黄ニキビの違いをまず覚えておきましょう。

黄ニキビは自然治癒する

黄ニキビは自然治癒する

ニキビは潰してはいけない

これってニキビ治療においての鉄則です。皮膚科に行けば炎症したニキビに対しての、炎症を抑えてくれる薬を貰って静めることができます。ニキビが何回も繰り返しできる肌自体は、毎日のスキンケアの見直し、ターンオーバーの改善でニキビのできない健康肌へ導くことができます。

なのでニキビを潰すこととニキビを治すことは繋がりません。

そして黄ニキビは触ったり、刺激を与えたりしなければ自然治癒します。黄ニキビに限らず、ニキビは触ったり刺激を与えたりしなければひどいニキビにならずに治るのです。ですが毎日の洗顔時や、寝ているときや、髪が触れたり、思わず触ってしまったりとそういったことで雑菌が入り込んだり、刺激になって炎症や化膿がひどくなるのです。

ニキビが赤ニキビ黄ニキビになってしまうのはニキビへの刺激のせいです。

皮膚科で炎症を抑える薬を貰って、あとは触らない!我慢する!ニキビの早期治療はこれです。そしてターンオーバーを正常に戻すためにスキンケアを見直す、ということですね。

ニキビは1日や2日で落ち着くことはありません。化膿した黄ニキビなら尚更のこと、治るスピードは人にもよりますが、1週間〜2週間は我慢したほうがいいでしょう。1週間、触らずに放置してみて、なんだか黄ニキビが前よりも落ち着いてきた?化膿や炎症が落ち着いてきた?と思ったら、もう治癒は目の前です。

黄ニキビは触らければ自然治癒します。

どんな黄ニキビなら潰していいの?治りかけの黄ニキビ

ですがどうしても潰したいときってあるかもしれないですね。潰してしまったそのニキビ、どんなニキビでしたか?黄ニキビの中にも潰しても大丈夫だよというものもあります。

それが治りかけの黄ニキビです

黄ニキビは自然治癒するといいましたが、その段階で炎症が治まって、中の膿が「白血球の死骸」のみになったものがあります。黄ニキビの膿の中身は皮脂やアクネ菌、そして白血球の死骸です。炎症が静まれば増えすぎたアクネ菌も姿を消します。そうした治りかけの黄ニキビであれば膿を出したほうが治りが早くなります。

つまり炎症を起こしているか、起こしていないかの違い

つまり炎症を起こしているか、起こしていないかの違い

触れるのは基本ダメですが、触ったときに少し「痛み」を感じたり、「じんじんと熱」を持っていたりする場合、それはまだ炎症を起こしている状態です。その状態の黄ニキビを潰してしまった場合は、高確率でニキビ跡になるのでやめておきましょう。潰し方によってはクレーターの凸凹ニキビ跡になります。赤いシミのような色素沈着であれば美容液などでの改善も見込めますが、凸凹ニキビ跡は治すのが困難です。

もし炎症が治まっていることがわからない場合は、絶対に潰すことは止めておきましょう。一生ものの跡になりかねません。それは自然治癒するのです。

 

黄ニキビを潰す方法 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

黄ニキビを潰す方法 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)

もしも黄ニキビを潰す場合、専用の器具や消毒液などが必要です。そして自分でやるのではなく、皮膚科医などのプロにやってもらうようにしましょう。自分では潰していいニキビなのか判断できません。そもそもニキビは潰す必要がないので、やらなくてはいいのです。ですがこういった潰し方もあります。

黄ニキビの潰し方① コメドプッシャーを消毒液で洗う

コメドプッシャーというニキビの芯を押し出してくれる器具があります。これはAmazonでも安価で手に入れることができます。これを消毒液でキレイに洗ってください。もちろん手や顔も清潔にしておくため、洗います。

購入

 

黄ニキビの潰し方② ニキビの膿、芯を押し出す

炎症の治まった、白血球の死骸だけが溜まった膿を押し出します。もしもここで炎症が残っているニキビを潰してしまったら、ニキビは更に悪化して炎症、化膿が拡大していきます。潰した場所から雑菌が他の毛穴に入り込み、更にニキビを生んでしまいます。

軽く押して出なかったら止めましょう

治まりかけているニキビは軽い力でも膿や芯は排出されます。ですがちょっとでも力強く押さないと出てきてくれない場合、そのニキビはまだ治りかけではありません。誤って強い力を加えて潰してしまうと、ニキビ跡になってしまうので、出てきてくれないときは止めておきましょう。

黄ニキビの潰し方③ 水で軽く洗う

潰した箇所を水洗いしてください。このときにまた消毒液をつけてはいけません。傷跡に消毒液をつけてしまうと返って治りが遅くなるので、ただの水洗いで良いのです。消毒液をつけてしまうと、皮膚を再生するための細胞の働きを弱めてしまうからです。

傷跡は清潔にしておきましょう。

黄ニキビの潰し方④ キズパワーパッドを使う

最後にドラッグストアでも売っているキズパワーパッドで保護してあげましょう。キズパワーパッドはハイドロコロイドという素材でできており、高い水分保持力があり、傷跡の湿潤環境を整えてくれるのに最適なアイテムです。傷跡が治るまで1日ごとに貼り替えることも大切です。

購入

 

このニキビの潰し方「面皰圧出」、

皮膚科医なら面皰圧出をやることは可能ですが、皮膚科医もよほど膨れ上がったニキビ、紫ニキビにまで発展しないと潰したり切開したりすることはしないでしょう。やるのは全て自己責任になります。本当は潰しちゃダメ!!これが鉄則!!

 

黄ニキビを潰したら、ニキビ跡になった…赤い色素沈着を治したい

黄ニキビを潰したら、ニキビ跡になった…赤い色素沈着を治したい

誤って潰してしまった・・・早く治そうと思って潰してしまった・・・そうしたら赤いシミができてしまったという人へ。

黄ニキビは炎症が広がり、化膿したニキビ、治りかけではなければ潰してしまったら跡になることは必至。でも大丈夫、そのシミは消すことができます。

なんで潰すと赤いシミができるの?色素沈着のでき方

なんで潰すと赤いシミができるの?色素沈着のでき方

ニキビを潰してしまうとできてしまう赤いシミ、色素沈着ですがそれは肌の中にいる「メラニン」が関係しています。ニキビを潰してしまうと、肌の上の部分、「表皮」という部分にある「メラノサイト」からメラニンが過剰に分泌されてしまうのです。その過剰に増えたメラニンが行き場を失い、赤いシミとなって残ってしまうのです。

紫外線によってできるシミも、それは紫外線がメラニンを生成する働きがあるからなんです。

ターンオーバーで自然再生される

そしてメラニンが原因でできたシミは、ターンオーバーが繰り返されることにより自然治癒していきます。肌の生まれ変わり「ターンオーバー」。古い細胞が剥がれ落ちて、新しい細胞が生まれるこの循環ですが、ターンオーバーはメラニンが作られている「表皮」で行われます。 ターンオーバーは通常であれば約28日間周期で行われます。これを繰り返していけばだんだんとニキビ跡のシミは薄くなっていくんです。

擦りむいた傷跡は気がついたら良くなっていて、治っていますよね。あれも肌の生まれ変わりのサイクル「ターンオーバー」が繰り返されたためです。

でも…ニキビができやすい人はターンオーバーが乱れがち

ニキビがすぐできてしまうという人は肌の再生サイクルである「ターンオーバー」が乱れているんです。その期間が早かったり遅かったり、 肌質や普段のスキンケアが関係しています。ターンオーバーを治さない限り、また新しいニキビはできるし、そのシミも消えてはくれません!

ニキビは潰れて跡にはなるし、また新しいニキビはできるしで最悪・・・・

そういう人はターンオーバーが乱れているのです。

そこで登場するのが化粧水や美容液です。

化粧水や美容液は肌質改善、ターンオーバーを正常に戻してあげてニキビを作らせない肌にしてあげるほか、ニキビ跡のシミを薄くしてあげる美容成分が配合されたものもあります!

ニキビ跡のシミを消そう!美容液「ベルブラン」

ニキビ跡のシミを消そう!美容液「ベルブラン」

美容液になりますがこの「ベルブラン」はニキビ跡のシミを消すために生まれたものです。ニキビに悩んでいる人であれば一度は聞いたことがあるほどの有名な美容液になります。

もしも黄ニキビを潰してしまって跡になった、色素沈着してしまった。赤ニキビを潰したあとのシミがまだ残っている・・・これってもう治らないの?と嘆いている人がいたら、一度は使ってみるべき美容液です!何せニキビ跡のシミ専門の美容液だからです。

ベルブランの何がすごいの?

甘草エキスをナノ化、「油溶性甘草エキス」

甘草エキスをナノ化、「油溶性甘草エキス」

甘草とは漢方薬にもよく使われていて、風邪のときの喉の炎症を抑えたりする作用があります。その甘草から採取されたエキスが甘草エキスです。この甘草エキスは抗炎症作用があり、主に赤ニキビや黄ニキビの炎症を静めてくれたり、炎症でできたニキビ跡のシミに作用してくれます。

そしてベルブランの甘草エキスはただの甘草エキスではなく、「ナノ化」した甘草エキスなのです。ナノ化とは美容成分は分子レベルまで小さくしたものです。10億分の1メートルまで小さくしたものがナノ化と言います。つまりそれだけ小さくすれば、肌の奥まで美容成分を浸透できるというわけです。

普通の甘草エキスでは通れなかった場所まで通り、細胞の隙間から奥へと美容成分が入り込むことによって、炎症でできた深い部分のシミも薄くなっていきます。

更にベルブランにはシミ、色素沈着用の美容成分が多数配合

トラネキサム酸
カモミラエキス
アルビニアカツマダイ種子エキス

といった美容成分が配合されています。これら美白効果があり、ニキビ跡のシミの原因であるメラニンの生成を抑えてくれたり、シミ自体を薄くする作用もあります。

これらをナノ化した甘草エキスと一緒に浸透させていくことにより、更なる相乗効果が期待できるわけです。他の美容液や化粧水とは、シミに対しての着目点のレベルが違うのです。

ニキビ跡のシミを消してくれるなら美容液「ベルブラン」にまずは頼ってみてはどうでしょうか!?

購入

 

まとめ ニキビは潰し方はあるけど、自分で潰したらダメ

黄色ニキビは結果として、治りかけのものなら潰しても問題はありませんが、正しい潰し方で潰さないと膿が排出しきれずに、更なる悪化を招きます。もしも炎症した黄ニキビの場合であれば、クレーターや色素沈着のニキビ跡になることは必至です。

ニキビは潰してはいけない

それはどんなニキビであろうと基本的には変わりません。ニキビは皮膚科で薬を処方してもらい、その薬で炎症を抑えて自然治癒されていくのを待つのが治す方法の1番の近道です。そして繰り返しできるニキビ肌であれば、スキンケアや生活習慣を見直すことによってニキビができる肌質を治すことができます。

ニキビを潰すことは悪手であり、潰す方法はありますが、普通はしてはいけないということを肝に免じておいてください。

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら