記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

ビーグレンの化粧水がニキビ跡のシミ 色素沈着に効く理由!魅力を解説!

2017年10月05日
ビーグレンの化粧水がニキビ跡のシミ 色素沈着に効く理由!魅力を解説!

ニキビ跡のシミ、色素沈着を消したい

ニキビを潰してできてしまったニキビ跡の「シミ」「色素沈着」

これは炎症した「赤ニキビ」などを潰してしまうことによって出来上がります。そしてシミが一度出来てしまうと治るのに時間がかかります。そこで、化粧水や美容液に頼ってみてはいかがでしょうか?

今回オススメするのが「ビーグレン」から出ている化粧水「Qusomeローション」と美容液「Cセラム」です。

赤い色素沈着はヘモグロビンとメラニンが原因

赤い色素沈着はヘモグロビンとメラニンが原因

まずはどうしてニキビを潰すとシミができてしまうのか?知っていきましょう。

ニキビを潰してできてしまうとできる色素沈着の原因にまず「ヘモグロビン」が関係しています。

炎症したニキビを潰すと、皮膚の毛細血管が傷を修復するために集まりだします。沢山集まっていくことにより、そこに血液中のヘモグロビンが皮膚に付着して赤くシミになってしまうのです。

このヘモグロビンでできた赤いシミは治りやすいのです。

なぜなら皮膚内に滞在している白血球「マクロファージ」がヘモグロビンを食べてくれるからです。これにより赤いシミは時間がかかりますが自然再生されるのです。

色素沈着の原因はもう1つ、「メラニン」が関係しています。

よく聞きますよねメラニン。このメラニンですが、ニキビを潰してしまうと肌のメラノサイトからメラニンが分泌されていきます。メラニンは誰の肌からも分泌されていますが、炎症したニキビを潰すと過剰に分泌されてしまうのです。増えすぎたメラニンは行き場を失い、シミとして出来上がります。

肌の表皮、「基底層」でメラニンが作られている

お肌というものは何層にも重なってできているのをご存知でしょうか。肌は上から「表皮」「真皮」「皮下組織」と3層に重なってできています。1番上の「表皮」はわずか0.3mmでできており、ここでは肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」が行われています。

そして表皮の中でも「角質層」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層」と4層にも分かれているのです。そしてメラニンは表皮の1番下の「基底層」から分泌されてシミとなります。

表皮では肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われているため、ターンオーバーが何回か繰り返されていくうちにニキビ跡のシミも薄くはなっていきます。ターンオーバーとは新しい細胞が生まれて、肌が再生化するサイクルです。ですがシミが薄くなるまでにとても時間がかかり、ものによっては数ヶ月、年単位で薄くなっていくこともあります。

人の肌には自然再生能力が備わっているため、ターンオーバーが繰り返されるごとに生まれ変わっていくのです。ですがターンオーバーが1回行われるだけでも約28日〜約42日もかかります。1回だけで約1ヶ月、シミが薄くなるまで一体何回ターンオーバーを繰り返さなければならないんでしょうか?

そんなの待ってられませんよね。

そこで、化粧水や美容液に頼るわけです!

化粧水や美容液に配合されている美容成分はニキビ跡のシミを薄くするためのものがあります。

そこでオススメしたいのが「ビーグレン」の化粧水と美容液です。

ビーグレンが他の化粧水と違うところは「浸透性の高さ」

ビーグレンが他の化粧水と違うところは「浸透性の高さ」

ニキビ用の化粧水や美容液ってほんっとに今では沢山あるんです。それはもう山ほど、飽和状態です。そんな中から自分にあった、本当に効く化粧水や美容液って選ぶのがとてもじゃないけど難しいですし、探している時間がめんどくさい。ニキビなんかなければ市販の化粧水を使うのに!って思いますよね。それもここで終わりにしましょう。

ニキビケアには「ビーグレン」をオススメ致します。

ビーグレンの魅力はなんといってもその「浸透性の高さ」です。

化粧水って肌のどこまで届くか知っていますか?

それは表皮の「角質層」までです。表皮の角質層ってどこだっけ?上に出ていますが、肌のいっちばん上です。上の上、まさにてっぺんです。ほとんどの化粧水ってそこまでしか届かないんです。市販の化粧水なんかは特にそうです。

ニキビがない人であれば、角層までで事足りるんです。普段のスキンケアさえ行えればそれで十分、それで健康な肌を維持できるから。でもニキビ、ニキビ跡がある人はそれだけじゃ物足りないですし、シミを消したいですし、色んな化粧水に頼りたいと思います。世の中って不公平ですよね。

ニキビ、ニキビ跡に悩んでいる人にとっては、美容成分が肌の奥に届かなきゃ意味がないんです!美容成分が配合されていても、届かなきゃ何の意味もない!

そこでビーグレンです!

ビーグレンと他の化粧水の何が違うかと言えば、

「浸透技術の違い」にあります。

ビーグレンが開発した浸透技術が「QuSome(キューソーム)」

ビーグレンが開発した浸透技術が「QuSome(キューソーム)」

ビーグレンの浸透技術、「QuSome(キューソーム)」はなんと、アメリカで薬学を研究していたブライアン・ケラーという研究者とタッグを組んで作り上げたものです。彼はカルフォルニアで長年かけて薬学の教授をしていた人なんです。そこが普通のスキンケアメーカーとは1歩先に出ているところなんです。

QuSomeは美容成分を約70ナノメートルまで微小化

どうやったら美容成分を肌の奥に届ける事ができるのか?それを考えたときに成分のナノ化があります。「ナノ」とは大きさの単位であり、「ミリ」や「メートル」と同じものです。

QuSomeの粒子の大きさは約70ナノメートル〜150ナノメートルです!

1ナノメートルは10億分の1ナノメートルです。

と言っても大きさがどれくらいかわからないですよね。

ここに1本の針があるとします。その針の先端に50個ほど成分が収まるくらいの大きさなんです。針の先に50個!もはや目には見えません。

肌の中にある細胞は、250ナノメートルよりも大きいサイズを通りこすことができません。なので基本的に市販の化粧水などは肌の1番上で成分が止まってしまうのです。良い美容成分が配合されているのに、届いていない・・・もったいないですよね。

でもビーグレンは違います。

QuSomeの力により、約70ナノメートルまで小さくしてあるんです。

そして更に、QuSomeカプセルに成分を閉じ込めることにより、安定して成分を的確な場所に届けられる!美容成分をカプセル化させることによって、成分が壊れないまま安定して肌の深部まで届き、シミができてしまった部分まで届いてくれるのです。

そしてこのカプセルがビーグレンのスキンケアアイテムには何億個も入っています!

そしてこのQuSomeの力によって、「角質層の奥まで!」成分を届けることができます。

上で紹介した通り、ニキビ跡のシミって肌の表皮の1番下から分泌されるんでしたよね。それは角質層よりも下になります。

ほとんどの化粧水は「角質層まで」しか届きませんが、ビーグレンは「角質層の奥まで」届くんです。

すごくないですか。これがビーグレンの浸透技術の正体です。

どんな成分も届かなきゃ意味がない。ビーグレンはアメリカの薬学博士と共に作り上げることで、化粧水成分を肌の奥に届かせることに成功しています。

ではここから、ビーグレンのスキンケアアイテムを二つ紹介したいと思います。

 

ニキビ跡のシミにはこれ「QuSomeローション」

ニキビ跡のシミにはこれ「QuSomeローション」

名前の通り、QuSomeの技術が使われている化粧水になります。つまり美容成分を肌の奥まで届かせることができる化粧水なんです。

そしてなぜニキビ跡のシミに良いのかと言えば、シミに効く美容成分が配合されているからです。

ニキビ跡のシミ、色素沈着に効く美容成分「ビタミンC」

ニキビ跡のシミにはこれ「QuSomeローション」

こちらがビタミンCの力です。美容成分といえばビタミンCと言われるほどなのでこれだけの力があるんです。すごいですよね。

そしてビタミンCの作用の1つに「ニキビ跡のシミを薄くする」というものがあります。これはシミの原因であるメラニンの還元化が行われるからです。すでにできたシミを薄くするというもの。

QuSomeローションにはこのビタミンCを元としたビタミンC誘導体が配合されています。

これをQuSomeの浸透性にとって、肌の奥まで届けるのです。ビタミンC誘導体が配合された化粧水は沢山ありますが、その成分が届くのは肌の上まで。ですがビーグレンの浸透技術は肌の奥まで届きます。

更に!QuSomeローションにはもう一つ大きな特徴があります。

それが「貯留性の長さ」

化粧水って付けた直後は肌のもちもちさ、成分が伝わってる感じがありますよね。でも数時間経ったらもう肌ってベタついていませんか?

そこでビーグレンが生み出したのが「Charged QuSome(チャージド キューソーム」

なんと角質層の奥まで行き届いた美容成分が、長時間に渡って留まり続けるのです。

その時間なんと「17時間」

17時間も肌の水分量を保持してくれるのです。家を出て帰ってくるまでの間までを見積もっても、十分すぎるほどの時間です。

これがQuSomeローションです。

ニキビ跡のシミを消すためには、ビタミンC!そしてそれは肌に届かなきゃ意味がない!そのためにQuSomeローションを使ってみましょう。

購入
もっと詳しく

 

化粧水と一緒に使おう!美容液「Cセラム」

化粧水と一緒に使おう!美容液「Cセラム」

ニキビ跡のシミがある人は化粧水だけでは物足りません。化粧水というものは水分量が多く、美容成分も濃度が薄まっています。そこで濃度高めの美容液も付けてあげましょう。

ここで紹介するのが「Cセラム」

そう、名前の通りこの「C」はビタミンCのCなんです。

ビタミンCはニキビ跡のシミを薄くしてくれるんでしたよね。その効果がここにもあります。

そしてCセラムには化粧水に配合された「ビタミンC誘導体」とは違う、「ピュアビタミンC」という美容成分が配合されています。

ピュアビタミンCって?

ビタミンC誘導体とピュアビタミンCの違い

ビタミンC誘導体とピュアビタミンCの違い

化粧水によく配合されている「ビタミンC誘導体」ですが、これは名前の通り、誘導体というものが付いたビタミンCになります。ビタミンCという成分はもの凄い効果のある美容成分ですが、水や熱に弱く、化粧水の成分にはできない!というデメリットがあったんです。そこで出来たのが「ビタミンC誘導体」

ビタミンC誘導体は、肌の中で誘導体と切り離されてから初めてビタミンCの効果が得られます。なので時間がかかる!

ですがピュアビタミンCは違います。これは名前の通り、ピュアなビタミンC!!美容液だからこそ配合できるのです。ビタミンC誘導体よりも効き目に即効性があります。

そして、このピュアビタミンCをビーグレンのQuSomeによって肌の奥に馴染ませてあげる!!

ピュアビタミンCが配合された美容液自体が中々ありませんが、それを更にQuSomeによって角質層の奥まで届かせる。これによりニキビ跡のシミは化粧水単体よりも、相乗効果により薄くなるスピードが早まります。

Cセラム、すごいんです。

ぜひ、化粧水とともに使ってみてください。

購入
もっと詳しく

 

QuSomeローションもCセラムも高い!というあなたへ

QusomeローションもCセラムも約5000円の価格となっております。

ニキビ跡に悩んでいるとしても、結構高いですよね。でもニキビ専用の化粧水や美容液ってこれくらいが普通なんですね。約5000円とかが一般的なんです。ですが・・・化粧水だけにそこまでのもとは出せない・・・という場合は、

トライアルセットがあります!!

7日間のお試しセットがなんと1800円!

・クレオウォッシュ(洗顔フォーム)
・QuSomeローション
・Cセラム

・QuSomeモイスチャーリッチクリーム

これだけ入って1800円です。1週間試してみて、「これイイ!!」って思った人だけ単品で買ってみてください。ぜひビーグレンがニキビに悩まされてる人達に高評価なワケを実感してみてください!!

購入

 

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら