記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

女子のためのニキビ肌に対するクレンジング方法とおすすめメイク落とし

2017年10月15日
女子のためのニキビ肌に対するクレンジング方法とおすすめメイク落とし

ニキビがあるときのメイク落とし

ニキビがあるのにメイクをしてメイクを落とさなきゃいけない

女子って大変ですよね。ニキビがあると刺激になるからメイクをしたくないし、できるだけ肌に触れたくはありません。でもしなきゃいけない、やらなきゃ外に出れない。ニキビ+メイク、これってかなり難易度が高いです。ですが安心してください。ニキビ肌でもメイクをしたことで新しいニキビを作る原因にはなりませんし、ちゃんとしたクレンジング方法と、ニキビに優しいクレンジング剤を使えば大丈夫なんです!!

ニキビ肌の人のためのクレンジング!

ニキビ肌の人がやるべきクレンジング方法って?

ニキビ肌の人がやるべきクレンジング方法って?

「ニキビには触れちゃダメ」

これがニキビに対するルールの1つです。刺激を与えることによって毛穴の中で炎症が進み、もっとひどいニキビになってしまうのです。ニキビの中でアクネ菌が繁殖することで炎症が拡大します。そしてその炎症があるニキビを「潰して」しまうと、一生消えない凸凹のニキビ跡になったりするのです。ニキビには「刺激」はダメなんですね。

じゃあメイクを落とすときの刺激もNGってこと?洗顔フォームだけメイクを落とすってこと?

それじゃあメイクをちゃんと落とせないよ〜!

メイクはしっかりと落とさないとニキビを悪化させる

ニキビに刺激はNG。朝までメイクしたままであれば、それはそれで絶対に肌によくありませんし、ニキビを更に悪化させる原因になります。メイクを落とさないと、メイクで作られた油分が毛穴に侵入し、それがニキビを作る原因にもなります。更に油分によってアクネ菌が繁殖し始め、炎症を拡大させてしまうのです。

刺激はダメだから洗顔フォームだけでいいや、なんてことは更にダメなのです。

1番良いのはニキビがあるときはメイクはしないこと

ニキビには触れてはいけないので、メイクをしないことが1番ですが女子であればそうもいかないですよね。外に出ない日が続いたり、マスクで隠すことができるのであればそれも可能ですが、働いていたりすればメイクはしなきゃいけないもの!めんどっくさいですよね。なんで女だけ!?ですよね。休みの日や外に出ない日は、できるだけメイクはしないようにしましょう。ニキビが治るまでの辛抱です。

では、ニキビ肌のためのメイク落としを見ていきましょう!

ニキビ肌に優しいクレンジング剤を使おう!

ニキビ肌に優しいクレンジング剤を使おう!

クレンジング剤を選ぶときのポイントはなんと言っても、肌に刺激を与えないこと。低刺激なものを選ぶことです。クレンジング剤と一言で言ってもみても様々な種類があることをご存知でしょうか。

クレンジング剤、低刺激順

ミルクタイプ>クリームタイプ>ジェルタイプ>リキッドタイプ>オイルタイプ>シートタイプ

1番刺激が少ないのがクレンジング「ミルクタイプ」

ミルクタイプは配合されている成分も低刺激なものになっており、界面活性剤などの合成物質もほぼ使われてはいません。ただそのぶん、メイクを落とすのに時間がかかってしまうという難点もあるのです。クリームタイプ、ジェルタイプも刺激は優しめです。ニキビ肌の人はこの辺のものを使ったほうがいいでしょう。

逆にリキッドタイプ、オイルタイプは洗浄力が高く、刺激も強めのもが多いのです。中にはできるだけ刺激を抑えたニキビ用のリキッドタイプもあるため、そのようなものをオススメ致します。

界面活性剤って?

シャンプーや洗顔フォームなどもそうですが、汚れを落とすための洗浄成分のことです。この洗浄成分である界面活性剤の量が多いか、どんな成分が使われているかによって刺激性の強さがわかるのです。

洗浄力の高い刺激性のある成分

洗浄力の高い刺激性のある成分

・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸アンモニウム
・キシレンスルホン酸ナトリウム
・スルホン酸ナトリウム
・パレス-3硫酸ナトリウム
・オレイン酸
・ステアリン酸

これら全て洗浄力の高い成分であるため、敏感肌やニキビができやすい肌の人は気をつけたほうがいい成分になっております。すぐにメイク落ちする!というものは洗浄力の高い成分が配合されていることが多く、気をつけなければいけないのです。

ニキビ肌はミルク、クリーム、ジェルを使おう

ニキビ肌の人は刺激のない優しいタイプのものを使いましょう。

・クレンジングミルク
・クレンジングクリーム
・クレンジングジェル

これらを使い分けるのです。クレンジングミルクは非常に肌に優しいですが、その分洗浄力が足りません。ニキビを隠すメイクをしている場合、厚塗りになることも多々あるのでミルクタイプだけは落とすことができません。そこでクリームタイプ、ジェルタイプも使い分けてあげましょう。

リキッドタイプでも刺激の優しいものもある

リキッドタイプのクレンジングでも今では敏感肌用に作られたものもあります。リキッドタイプまでなら大丈夫です。目元のメイクが濃かったり、マツエク、つけま、マスカラなどを付けていたりする場合はリキッドタイプがオススメです。職業柄によっては濃いメイクをする人もいると思います。

メイクが濃いめですぐに落としたい人→低刺激のリキッドタイプ
敏感肌でメイクが普通な人→ジェル、クリームタイプ
敏感肌でメイクが薄い人→ミルクタイプ

でオススメ致します。

オイルタイプ、シートタイプのクレンジングは刺激が強い

オイルタイプとシートタイプは界面活性剤を多く含まれているので洗浄力が強く、メイクはサラっと落とすことができます。濃いめのメイクをしている人はこちらを使うべきですが、ニキビ肌の人は使ってはいけません。

洗浄力の強いものを使ってしまうと、乾燥肌になります。なぜなら肌にいる皮脂を落としがちになってしまうからです。皮脂は肌にいる常在菌。彼らを全て落としてしまうと、肌バリア機能がなくなったも同然。肌はパサパサカサカサの乾燥肌になり、それが元でまたニキビができてしまうのです。

肌が丈夫な人でなければオイル、シートタイプのクレンジングは止めておきましょう。

ニキビ肌の人のためのおすすめクレンジング!

さて、ここからいくつかオススメのクレンジング剤をご紹介したいと思います。今の時代は敏感肌の人のため、ニキビ肌の人のために豊富なメイク落としがありますがその中でもやっぱりこれがオススメ!!というものだけ厳選してご紹介!!

オルビス クレンジングリキッド

オルビス クレンジングリキッド

オルビスさんといえば、ニキビケアを考えてスキンケア商品を作っているメーカーです。2000年代前半からニキビケアに力を入れて今ではその人気は不動のものになってます。

そんなオルビスさんの中で最も売れているのがこの「クレンジングリキッド」なんです。15年連続売上げ1位です!

なぜそんなに人気なのか?

「クレンジングリキッド」のここが凄い!!

100%オイルカット!!

リキッドタイプなのにも関わらずオイルは一切使用しておりません。オイルを使っていないからヌルヌルもしないし、ベタつきもない、なのに洗浄力もありメイクが早く落ちる、すすぎが早い!!

「お風呂でも使いたい」「ニキビ肌に合うクレンジングが欲しい」

そのリクエストに答えるために改良に改良を重ねて作られたオルビスさんのリキッドクレンジング! 

30%以上が保湿成分で構成されているから、メイクを落とした直後もお肌が乾燥しない!
メイク浮きが早いヌルつかないすすぎが簡単!!お風呂で使える!!乾燥しない!!

 

何よりも600件以上のレビューが付いているのにも関わらず、

評価:★★★★★

みんなの口コミ

◆やっぱりこれ
オルビスで初めて購入した商品がクレンジングリキッド。気づけばもう10年以上使用しています。オイルカットのためか、洗い流した後はさっぱりとした使用感。でもつっぱることはありません。

◆5年以上・・・
もうずっとずっと使っています。とにかくベタベタしないし使いやすい!オススメです。

◆ずっとこれ!
もう何本リピしたことか。つっぱらず、よく落ちて、バスルームに置いても、邪魔にならない存在感。毎日毎日お世話になってます。

◆つっぱらない
オイルカットということで安心して使えます。
クレンジングは刺激が強く、よくつっぱっていましたが、こちらに変えてからつっぱりがなくなりました。低刺激なので、わたしのような敏感肌の方も大丈夫だと思います♪

◆やっぱりコレ!
なんだかんだで10年使っています。
10年前に、これにしてからニキビが劇的に減ったのが衝撃的でした。たまに他のを試してみたくなって浮気しますが・・・やっぱりオルビスのクレンジングリキッドの安定感!結局戻ってきます。

◆10年以上使ってます!
もう、何本目かわからないくらい詰め替え用を購入しています。途中他のクレンジングに浮気したこともありますがやっぱり戻ってきてしまいます。洗ったあとでも潤いがキープできます。私はアイメイクをいつもはコットンを使い別で落とすのですが、そのまま落とさずこのリキッドですべて洗ってもスッキリきれいに落ちるのでそこが他のメーカーのクレンジングとは違うところですね。目もしみないし、お肌に優しくて洗浄力もしっかりあり、うるおいもキープのクレンジングはありそうでないです!これからも使わせていただきます。

これが15年間の歴史の賜物です。ファンデやポイントメイク、それぞれの汚れに的を絞って効率的に洗浄してくれます。美容液のようなテクスチャーで肌にスーッと馴染んでいく。

さああなたもオルビスのクレンジングリキッドの虜になってしまいましょう。

 

オルビス クレンジングジェル

オルビス クレンジングジェル

こちらもオルビスさんです。こちらはリキッドタイプよりもお肌に優しいジェルタイプ。こちらももちろん100%オイルカット処方です。更にそれに加えて美容成分が配合されています。

・ヒアルロン酸ナトリウム
・マリンコラーゲン
・ローヤルゼリーエキス

この3つが配合!!これら全て肌をもちもち、ぷるぷるにするための保湿成分です。メイクを落とした後の乾燥を防いでくれます。乾燥肌はニキビを作ってしまう原因になります。メイク後もつっぱらずに潤いを保ちたいのであれば、オルビスさんのクレンジングジェルで決まり!

レビューが2000件以上もついているのにも関わらず、

評価:★★★★☆

◆お気に入り
元々リキッド使用でしたが、かさつきが気になり、ジェルに変えてからずっとリピートしてます。濡れた手でも使用できるし、ジェルがクッションになるので直接肌をこすらないので、気に入ってます。洗い上がりも、ぬるつきもなく肌に優しい洗い上がりになります。あと、フタを外して最後まで無駄なく使える所は素晴らしいと思います。意外と幅広いので、取り出しやすいです。

◆超大好き!
まず、
使用感が大好き!
馴染んだかなぁと思ったら、
スッ…

クレンジングで、
これ以外は、
考えられない。

◆よく落ちる
ジェルですがよく落ちます!
ラインやマスカラなど結構濃いめですが1回で綺麗に落ちてくれますし潤った感じがいいです。
こちらのジェルにしてからは迷う事なくずっと使い続けています。

◆最高なクレンジング
いままでたくさんのクレンジングを試しましたが、敏感でニキビのできやすい肌のため合わないものがほとんどでした。ORBISのこのクレンジングに出会ってもう数年このクレンジング一筋です。これからも愛用します。

◆コレ以外、考えられない!
最初に使用した感想は、今までオイル派だった私が、クレンジングジェルを試してみて、目が醒めました!
まず、使用量もパール大で充分伸び、厚い化粧をしていても、さ〜っと皮脂汚れまで浮く感触!ぬるま湯で流すと、洗い残し無く、さらっともっちりした肌が生まれます!私にはコレしかない!と感じさせてくれる逸品です!!

◆アトピーですが大丈夫でした!
泡立てる手間もなく、肌ストレスを感じることもなくメイクを落とせます。ヌルっとしたつけ心地が、メイクや汚れを一緒に絡め取ってくれている感じがします。楽に、刺激なく、しっかり落とせる!最高な使い心地です。

さああなたもORBISのクレンジングジェルの魅力を知りたくなってきましたね?物は試しです!!まずは一度使ってみましょう!

ORBISさんには3種類のクレンジングが用意されています。ニキビ肌の人が使ってほしいのは、リキッドタイプか、ジェルタイプ!

ORBISさんには3種類のクレンジングが用意されています。

まだ使ったことがない人はぜひ使ってみてください。15年以上に渡って愛され続けている商品になっています

 

キュレル ジェルメイク落とし

キュレル ジェルメイク落とし

花王さんのキュレルは「乾燥肌」に着目したスキンケア商品を作っているところです。カサカサパサパサした乾燥肌、大人ニキビに悩んでいる人はキュレルさんを使うべきです。

キュレルのジェルメイク落としは、肌の保湿を維持している「セラミド」を守りつつ、落ちにくい口紅やファンデーションを落としてくれます。

グリチルリチン酸ジカリウムという抗炎症作用のある美容成分が配合されているので、炎症を起こした赤ニキビなどがある人にオススメです。グリチルリチン酸ジカリウムは甘草から採取されたエキスであり、炎症を抑えてくれます。

 

ノブACアクティブシリーズ

ノブACアクティブシリーズ

ノブのスキンケア用品はニキビケアを考えて作られたものです。臨床皮膚学に基いて作られたものであり、シリーズ累計100万個突破の大人気商品です。

・メイク落とし
・洗顔料
・化粧水
・乳液

が付いて初回限定1500円!!その他、色んなプレゼントが付いてきます!

ノブAのクレンジングは「リキッドタイプ!」

でもニキビケアを考えて作られたから肌に優しく更に美容成分も配合されています!!

ノブシリーズの効果を述べると、「マイルドピーリング」が施されています。ニキビの原因は皮脂や汚れ、古い角質が毛穴につまって起きるもの。マイルドピーリングによって毛穴詰まりを解消させ、ニキビができにくい肌へターンオーバーを戻してくれる作用があります。

ノブAの良いところ①
何段階にも重ねて試験を行い、低刺激を求めて作られた臨床皮膚学に基づいたスキンケア商品です。

ノブAの良いところ②
ノンコメドジェニックテスト」を実施済み!!ニキビ肌の人のために、ニキビができやすいような原料や合成物質は一切入っておりません。ノンコメドジェニック商品です。

ノブAの良いところ③
大人ニキビのほとんどの原因は「乾燥肌」です。乾燥すると肌が厚くなり、毛穴が細くなってニキビができます。ノブAはそれを防いでくれるのです。3種類のセラミドを配合!!セラミドは保湿成分の王様です。更にヒアルロン酸、これも保湿成分の中では王道中の王道!更に更にビタミンC誘導体も配合しています。ビタミンC誘導体はベタつく肌、皮脂の分泌を抑えてくれます。そのビタミンCの効果を更に上げてくれるビタミンEも配合されています。ビタミンEはビタミンCととても相性が良く、相乗効果があるのです。

大人ニキビに悩んでいる人のために作られたノブAシリーズをぜひ!お使いください。

 

ニキビ肌の人のためのクレンジング方法

ではここから、クレンジング方法を見ていきましょう。ニキビがある人は敏感肌です。肌にできるだけ刺激を与えないように、やさーしく優しくクレンジングしていかないといけません。間違った方法でメイクを落としてしまうと、肌にダメージを与えてしまいます。今あるニキビやニキビ跡になってしまう可能性も大いに含んでいるので、クレンジングは優しく行うべきです。

力を入れてゴシゴシと洗うのは絶対にNG。強くこすりすぎたりすると、顔の皮脂を全て落としてしまい、乾燥肌になってしまってニキビができてしまいます。大人ニキビができるのはクレンジングのやり過ぎが問題なんです。優しく洗うことが何よりも大事。

では、正しいクレンジング方法を見ていきます。

正しいクレンジング方法その①適量を手のひらに取る

そのクレンジング剤によって適量というものが変わってきます。「もったいない!」と思ってクレンジング剤を少しずつ使ってしまうことはよくありません。メイクを落とすためにも適量を手に乗せてあげましょう。どれくらいか取ればいいかはそのクレンジング剤に記してあります。

その②皮脂量の多いTゾーンから乗せていこう

その②皮脂量の多いTゾーンから乗せていこう

まずは皮脂の多いTゾーンにクレンジング剤を乗せていきましょう。Tゾーンがどこかご存知ですか?「おでこ」から「鼻」にかけての部分をTゾーンと言います。この部分は皮脂の分泌が他の部分よりも激しく、思春期にはニキビのできやすい場所です。大人になってからも皮脂の分泌が多い部分だということは変わりません。Tゾーンを優先して洗いましょう。

その③口周り、あごのUゾーンに馴染ませていく

その③口周り、あごのUゾーンに馴染ませていく

続いてUゾーンに馴染ませてあげましょう。Uゾーンとは口周り、あごの部分のことです。Uゾーンは顔全体の中で皮脂が少ない箇所です。皮脂が少ないからこそ、乾燥肌になりやすい部分です。大人ニキビはこのUゾーンに出来やすく、乾燥により肌が厚くなるからです。皮脂が少ない部分なのでゴシゴシと強くこすらずに。強くしすぎると皮脂が全て落ちてしまい、それが乾燥の元となります。

その④目、目元、口元に馴染ませていく

目元は特に気をつけてクレンジングを伸ばしていきましょう。目元のメイクが濃い場合はリキッドタイプのクレンジング料を使って落としてあげましょう。口元などの細かい部分、落とし忘れがちな部分にも気にかけて優しく馴染ませていきましょう。

その⑤熱すぎないお湯、ぬるま湯で素早く洗い流す

何度のお湯でいつも洗い流していますか?

40℃以上の熱いお湯で洗い流すと皮脂を落としすぎてしまうのです。皮脂は肌にいなければいけない常在菌。皮脂がいなくなってしまうことにより、肌バリア機能がなくなりやがて乾燥肌になってしまいます。乾燥肌はニキビを作る原因です。皮脂を落としすぎないように、40℃以下のお湯。主に38℃前後のお湯で洗い流してあげましょう。ぬるま湯で優しく、そして素早く洗うことがポイントです。あまり長い時間洗い続けていると皮脂を落としがちになってしまいます。

まとめ ニキビ肌の人は刺激はNG、でもしっかりメイクを落とす

ニキビ肌の人は、自分の肌にあったクレンジング料を選びましょう。

メイクが薄くて敏感肌の人はクリーム、ミルクタイプ
メイクが濃い目でニキビができやすい人は、オイルフリーなリキッドタイプ

オイルタイプやシートタイプのクレンジング料はNG。

そして、メイクは完全に落としきること。肌に刺激を与えないことを気にしすぎてメイクが残っていたらそれが刺激となります。メイクはしっかりと落としてあげましょう。

これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら