記事一覧
アトピー
ニキビ
頭皮

アトピーと僕とニキビと私

【口コミ】オイリー肌 ニキビ跡シミへ ビーグレン Qusomeローション使ってみた!

2017年11月02日
【口コミ】オイリー肌 ニキビ跡シミにビーグレン Qusomeローションがおすすめ!

ビタミンC誘導体配合「Qusomeローション」

ニキビにはビーグレンを

b.glen(ビーグレン)って知ってますか?ニキビに悩んでいる、悩んでいた人なら必ずは聞いたことがあるスキンケアメーカーです。もしも初めて聞いた!って人は他のどの化粧水メーカーよりもオススメできます。ニキビがいつまで経っても治らない人はぜひ、ビーグレンのスキンケアアイテムを!

そんなビーグレンのアイテムの中でも今回ご紹介するのは「Quosme(キューソーム)ローション」という化粧水です。

この化粧水を使って欲しい人はこんな人!

・ニキビ跡のシミに悩んでいる人
・いつも肌がベタベタしている脂性肌(オイリー肌)で、ニキビがすぐできる人

Qusomeローションとは?

Qusomeローションとは?

このサイトでもビーグレンについては記してありますが、ビーグレンの商品の魅力は「浸透率の高さ」なんです。

ここではサラッと「良いところ」だけをご紹介したいと思います。

ビーグレンが他の化粧水とは違うところ、それが「Qusome(キューソーム)」という浸透技術なんですね。

例えば化粧水ってどれも似たような成分が入っているってご存知でしょうか?

脂性肌(オイリー肌)を改善させたければ「ビタミンC誘導体」だったり、

乾燥肌を改善させたければ「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」

ニキビの炎症を静めたければ「グリチルリチン酸ジカリウム」「甘草エキス」

ターンオーバーを促したければ「ビタミンA誘導体」

肌の修復を試みたければ「アラントイン」

美白成分なら「トラネキサム酸」

だったりと、聞いたことがある成分ばかりですよね。どの化粧水も美容成分って似たり寄ったりなんです。この化粧水にしか入っていない!!なんて成分はないんですね。だから結局、化粧水なんて意味ないんじゃないか!?なんて思ってる人もいるかと思いますが、いいえビーグレンは違います。

「どんな美容成分も肌の奥に届かなきゃ意味がない」

これです。美容成分がどの化粧水も似たり寄ったりなのであれば、その美容成分がどれだけ肌に浸透するか、この違いしかないわけです。

ニキビができた跡、ニキビを潰してできたニキビ跡って肌の奥まで傷ついてしまったため赤く色素沈着してしまっているわけです。なので肌の奥に美容成分が届かなければ全く意味がないんですね。

ほとんどの化粧水の成分は肌の1番上、上層部の「角質層」で止まります。

「角質層」

肌というものは上から「表皮」「真皮」「皮下組織」と分かれていますが、角質層という場所は表皮の中にあり、その1番上にある層です。つまり肌のホントに1番上!

ですがニキビ跡というものはもっと奥のほうで炎症を起こしてできたものです。

表皮の中でも「角質層」「有棘層」「顆粒層」「基底層」と4つに分かれており、1番上が「角質層」。

赤みの付いたシミのようなニキビ跡は一番下の基底層で出来上がります。基底層にあるメラノサイトからメラニンが過剰に生成されてシミになるのです。ひどいニキビ跡だと、基底層より更に下、「真皮」まで届いているニキビ跡もあります。そうなれば化粧水ではもうお手上げ。

ほとんどの化粧水は「角質層」で止まるんです。しかも角質層の上の上の方で止まります。

これってニキビ跡に対して何の効果も得られていないと同然なんです。市販の化粧水なんてもちろんそうです。

でも、それが普通なんです。だってほとんどの人はニキビ跡を消すために化粧水を付けているわけではありません。「肌を乾燥から守らなきゃ」「もちもちになるかな〜」くらいの気持ちで付けてるわけなので、美容成分が角質層で止まっても十分なんです。

でもニキビ跡のシミに悩んでいる人は違いますよね!

どうにかしてこの赤いシミを消したい!取り除きたい!とお考えのはず。

肌がいっつもベタベタしてオイリー肌、ニキビが出来やすい人も!一刻も早く肌を健康肌にしたいと思っているはずです。

そこで「Qusomeローション」を使うのです!

QusomeローションはビタミンC誘導体が角質層の奥まで届く

ビーグレンの「Qusomeローション」の有効成分はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体であれば、他の化粧水にも多く使われています

ですがビーグレンの浸透技術「Qusome(キューソーム)」が肌の奥までビタミンC誘導体を届けてくれるのです。

Qusome(キューソーム)とは何だ?

Qusome(キューソーム)とは何だ?

Qusome(キューソーム)とは、ビーグレン独自の浸透技術、

まず美容成分を最小70ナノメートル〜150ナノメートルまで小さくしています。市販の化粧水の成分はまずナノ化すらされてません。人の肌細胞は250ナノメートルより大きい成分をすり抜けることができません。

70ナノメートル、針の先端に50個ほど美容成分が乗るサイズです。

美容成分を限りなく小さくしたことにより、肌の奥、ニキビによって付いた傷のところまで届けてくれるのです。

更に、独自のQusomeカプセルにその成分を閉じ込めることにより、肌の深部まで有効成分をきちんと分散させずに届けることができます。このカプセルが何十億個も化粧水に配合されているのです。

小難しい話ですが、まとめて簡単に言えばつまり、

「ビタミンC誘導体が、他の化粧水よりも肌の奥に浸透する!」

こういうことです。

他のどの化粧水よりも、どのビタミンC誘導体配合の化粧水よりも肌の深部まで浸透します。それがビーグレンの「Qusomeローション」です!

色んな化粧水使ってるけど、肌のベタベタ治らない・・・・
ニキビ跡のシミが全然治らない・・・

1度は使ってみてください。必ず他の化粧水とは違う!と実感するはずです。

ではもう少し詳しく見ていきましょう。

ビタミンC誘導体の効果って?

ビタミンC誘導体ってよく聞くけど何のこと?って思う人も多いでしょう。ビタミンC誘導体とは名前の通り「ビタミンC」のことです。

美容成分の王様「ビタミンC」のことです。ビタミンCがなぜ美肌に良い!肌にはやっぱりビタミンC!と言われているか?

それはビタミンCにはこれだけの効能があるからなんです!

ビタミンCにはこれだけの効能があるからなんです!

す、凄いですよね。。。

ビタミンC1つだけでこれだけの効果があるのなら、他の成分なんていらないんじゃん!ってくらいのものなんです。だから何十年も前からビタミンCは美肌に良いと言われているわけです。これ以上の美容成分なんてありません。

そんなビタミンCにも欠点があります。それは水や熱に弱いということです。とても脆く壊れやすい成分なんです。なので化粧水の中に配合できない!って難点があったんですね。それを解決するために生まれたのが「ビタミンC誘導体」というものなんです。効能はビタミンCそのものと変わりませんが、化粧水に溶け込めるようにしたものがビタミンC誘導体というわけです。

そんなビタミンC誘導体が、肌の奥まで届く化粧水が「Qusomeローション」です。

特に使って欲しい人が、

ベタベタなオイリー肌を改善させたい
色素沈着になっているニキビ跡を改善させたい

という2パターンの人です。どちらもある人なら絶対に使うべき化粧水です。

更に、なんとこの化粧水、「17時間」も持ちます

朝つけて、夜帰ってくるまで、化粧水で肌は守られた状態にあるわけです。これは「Chaged Qusome(チャージドキューソム)」という技術のおかげなんです。

化粧水って付けても数時間後には肌がベタベタしだす・・・・

そんな経験はいつものことですよね。でもビーグレンの「Qusomeローション」は違います。長時間、1日中肌にハリが与えられた状態を保っているんです。ベタベタになることがありません!

違う違うって本当!?・・・って思う人もいるかもしれません。

違うとここまで説明しても、やっぱり実感しないと人はわからないと思うのです。この化粧水は1本5000円と結構なお値段なんですね。ですが物は試し、トライアルセットというものがあります。これは1週間のお試しセットでして、Qusomeローションや他のビーグレン商品も合わせて1800円となっております。もしも、5000円は高いという人はトライアルセットからどうでしょうか!

1週間分のトライアルセットはこちら!

ニキビ跡
購入

 

Qusomeローション1本をもう購入したい!という方はこちらからどうぞ!

トライアル
購入

 

ではここからは実際にQusomeローションを使ってみた感想を載せたいと思います。どんな風な感じなのか見てみたいですよね!

 

Qusomeローションを買って使ってみた!

Qusomeローションを買って使ってみた!

これを書いている筆者の僕が実際にQusomeローションを買ってみました。

そして実際に使っています。もちろん1本5000円バージョンのやつです。

肌の写真

こうなったんですよ!確実に前よりは良くなっています。 赤みやシミが薄くなって白くなりました。写真だとわかりませんが、まだ赤みは残っているんですが、前よりも確実に良くなっているのは自分でもわかります。

Qusomeローション以外のビーグレン商品も使っているということもありますが、今でもQusomeローションは使い続けています。

結論から言えば、Qusomeローションはメチャクチャ良いです!

嘘でもなんでもなく本当にとても良いです。他の化粧水と比べると格段に付けた後の感覚が違います。

僕は元々ベタベタするオイリー肌でして、ニキビも昔はヒドく何個も繰り返しできていました。ひどいときは何十個も顔中にニキビがあるくらいひどかったんですね。元々持っているオイリー肌のせいもあってニキビができる肌質だったんです。何十個もできたニキビを潰したりしてしまったため、ニキビ跡の赤みや色素沈着したシミもできてしまいヒドくてヒドくて本当にイヤでした。外にも出たくない、他人にも見られたくない。

そんな僕が実際に使ってみてこの化粧水は「良い」と思えるんだから間違いありません。

ベタベタのオイリー肌に超良い

Qusomeローションを付ける前と付けた後じゃ肌のツッパリ感が全く違います。

まずベタベタしたオイリー肌が圧倒的に良くなりました。Qusomeローションを付ける前と付けた後じゃ肌のツッパリ感が全く違います。

他の化粧水を付けた後は、例えば朝に付けたらもう昼にはおでこや鼻の上、頬もベッタベタになっていたんです。

ですがQusomeローションを付けてしばらくしてから気が付きましたが、ベタベタ感が昼になってもありません。肌を触ってもあのベタベタ〜・・・がないんですね!これはQusomeローションの17時間も美容成分が貯蓄される効果のおかげです。ビタミンC誘導体がずっと肌の中で留まってくれています。

化粧水を付けて1日、2日じゃ実感できないかもしれませんが、ターンオーバーが行われる1ヶ月くらいは付け続けると実感できると思います。前よりもベタベタしなくなってる!と確実に思います。

ベタベタのオイリー肌をどうにかしたい・・・って人は沢山いますよね。大人になっても肌がベタベタする・・・乾燥肌のほうがまだマシと思ってると思います。

そんな人にQusomeローションをオススメしたいです。

そんな人にQusomeローションをオススメしたいです。

手に取ってみると、他の化粧水よりも「トロっ」としてるなっていう感覚です。とろみがあります。色は無色透明で綺麗です。匂いは、ビタミンC誘導体が配合されているので少しレモン風味です。量的にも1本の量は多く、1ヶ月は必ず持ちます。こういうニキビ用の高い化粧水って量もケチってるところもありますが、ビーグレンさんは大容量です。

トライアル
購入

 

ニキビ跡のシミは、Cセラムかホワイトクリームと併用すると良い

ニキビ跡の色素沈着、シミに関してですが僕は同じビーグレンのCセラムQusomeホワイトクリーム1.9を使って良くなりました。

どちらか1方を使ってもいいです。Qusomeローション単体でもシミへの効果はありますが、たぶんかなり時間がかかります。どうせならCセラムかQusomeホワイトクリ−ムと併用したほうが効果は得られるでしょう。

Cセラムって?

Cセラムって?

Cセラムはビーグレンが出している美容液のことです。 これも名前の通り、ビタミンCが配合されています。Qusomeローションは「化粧水」なので、ビタミンC誘導体よりも水分量のほうが多いんです。ですが美容液のCセラムはビタミンCが濃度高めで配合されています。ピュアビタミンCというビタミンCそのものに限りなく近い美容成分が、高濃度で配合されているのでビタミンCの力を試したいという人にオススメです。

僕はこのCセラムと、Qusomeローションの2つを使っていましたが、完全にオイリー肌が良くなりました。QusomeローションとCセラムを両方使うことにより、夜までベタベタ感が出ません。夜まで肌のハリを保てます。夜に肌を触ったときに「まだツッパってる感じがある!ハリがある!」と本当に驚きました。こんな化粧水と美容液ってあるんだ!と感動すらありました。今までのどの化粧水よりも違う!と思いました。

それは僕がオイリー肌だったから実感できたことだと思います。

オイリー肌の人はQusomeローションとCセラムを使うことにより更に良くなります!

 

Qusomeホワイトクリーム1.9って?

Qusomeホワイトクリーム1.9って?

Qusomeホワイトクリーム1.9は「ハイドロキノン」という美白成分が配合されたクリームです。色素沈着したニキビ跡のシミに悩んでいる人はこちらのほうがオススメ!

ハイドロキノンとは「肌の漂白剤」とも言われている美白成分であり、美白効果だけならビタミンC誘導体のなんと100倍もあると言われています。

そしてこのクリームは名前に「Qusome」と付いてる通り、これも肌の奥に届くものなわけです。ハイドロキノンが肌の深部まで届きます!

僕も実際に使ってみましたが、ニキビ跡のシミは確実に薄くなっているのがわかります。

オイリー肌で敏感肌の僕が使いましたが、ハイドロキノンで特に肌の調子が悪くなったということもなく、白いクリームがむしろ肌に心地良いくらいです。即効性のあるものではないので、すぐには実感しませんでしたが、毎日朝と夜塗って1ヶ月くらい立ったときに「あれなんかシミ薄くなってない!?」という実感が持てました

全てのシミに有効というわけではありませんが、表皮までのニキビ跡、色素沈着になら有効です!これもQusomeローションと一緒に使うことで更なる相乗効果が生まれます。ビタミンC誘導体とハイドロキノン!これ以上にシミを薄くする美容成分なんてありません!ぜひ!

まとめ!どんな化粧水も良くなかったという人はQusomeローションを使ってください

Qusomeローションを使ってみてわかったことは、オイリー肌でニキビ跡もひどい僕から言わせると、ずっと使いたい!ってことです。今もQusomeローションは使っています。1本5000円と少々お高いですが、ずっとイヤだったベタベタ肌やシミが薄くなっていくのなら使っていたいという気持ちのほうが強くなります。

ぜひあなたも!オイリー肌のあなたも!ベタベタ肌のあなたも!ニキビ跡のシミに悩んでいるあなたも!

一緒に使ってみませんか?

ニキビ跡
購入
これも読んでみる?

こんな記事もあるかも

これ書いてる人

プロフィール画像
アトピーとニキビと 15年以上付き合っている30歳男性。アトピーとニキビ、その他諸々書きます。詳しくはこちら